【禁酒の方法】酒を辞めたい人は必見|禁酒セラピーの感想

禁酒セラピーの表表紙禁酒セラピーの裏表紙

先日もお伝えしましたとおり、これから暫く禁酒する事を決意した筆者ですが、まずは意識改革が大切かと思い、アレン・カーと言う人が書いた「読むだけで絶対やめられる 禁酒セラピー」という本を読んでみました。

これは結構有名な本で、ご存知の方も多いと思います。(同じ人が書いた「読むだけで絶対やめられる 禁煙セラピー」と言う本も有名ですね)

僕もこの禁酒セラピーは前々から気になっており、今までなんとなく頭の片隅に存在してはいたのですが、実際に読もうと思うまでには至りませんでした。しかし、この度禁酒を決意したのを契機に読んでみよう!と思い、今回ゲットしてみました。

本日はこの本を読んでの感想をお伝えしたいと思います。

先に読み終わっての感想をひとつ言ってしまいますが、、

これを読むだけではやめられないと思うw

因みに、ここで言う「やめる」とは、この本を読み終わった直後から一生酒を飲まずにいると言う意味です。本の中でも「やめる」という言葉の意味はそのように定義されていると解釈して良いと思います。

この本を読む人は、少なからず「自分の飲酒について問題がある」と思っている人達だと思います。

  • お酒が好きで飲み過ぎてしまう
  • 周囲に止められているが辞められない
  • 飲み過ぎて身体を壊してしまった
  • もしかしてアルコール依存症予備軍かもしれない

そんな大酒のみの人達がこの本を読んだだけで一生酒をやめられる訳がないと思いました。

しかし、だからと言って読む価値の無い本だったかと言うと、

そんな事はありません、読んでみる価値はありました!

スポンサーリンク
レクタングル大

禁酒セラピーを読んでお酒に対する印象が変わった

この本は禁酒の方法について書かれているというよりも、お酒の否定的なイメージを読者に植え付ける効果の方が高いと思います。

僕が禁酒セラピーを読んでみて良かったと感じたのは、自分は今までお酒の悪い面についてあまり意識してこなかった方なので、これを読んでお酒に対しての印象が大分変わった点にあります。今後禁酒や節酒を続けていく上で、このお酒に対する印象の変化は有効に働くと思いました。

先にも書いたとおり、この本を読んだからと言ってお酒を一生辞められるかというと、そうは思いません。しかし、僕のようにアルコールの悪い面をあまり意識してこなかった人が、お酒の肯定的なイメージを拭い去り、今後の禁酒や節酒生活を無理なく続けるための意識改革を行うには有用な本だと思いました。逆に、アルコールの害について常日頃意識している人にとっては真新しい内容ではないのかもしれません。

では、何が書いてあってどのようにお酒に対する印象が変わったのか、ポイントをお伝えします。

酒は薬物であり毒である

飲み過ぎて酔いつぶれた人

この本で言いたいことのポイントのひとつが「酒は薬物であり毒である。」という事です。完全に酒を断つためには思うだけではダメで、心からそう信じる必要があるようです。本の中では著者が「酒は薬物であり毒である。」理由を様々挙げて説明しています。

うーん、別に身体に良いものだとは思ってないけど、
薬物、毒とまで言ってしまうかΣ(・□・;)?!

最初はそう思って読んでいましたが、読んでいくうちに

 なるほど、そうかも。。

と思えるようになりました。まんまと著者にのせられた訳ですが・・・。

でも、よく考えてみるとお酒って一杯だけでも気分がガラりと変わる事もありますよね。一杯飲むだけで大きく気分を変えてしまうって、冷静に考えるとちょっと怖いです。

エタノールが中枢神経の働きを抑制し、その結果気分が良くなる訳だから、そう考えるとやはり薬物である事は間違いないのだと思います。僕もこの「酔って気分が良くなる」感覚が好きだから今までお酒を飲んできました。

そして、よく「酒に強くなる」なんて聞こえの良い言い方もしますけど、結局これは耐性ができて今までと同じ量では酔えなくなってしまったという事ですよね。

「もっと気分を良くしたい!」

そう思って結果的に飲酒量が増えていく。これは人が薬物に依存していく過程となんら変わりません

更に、飲み過ぎて嘔吐した時の気持ちの悪さや、二日酔いの気分の悪さを思い出すと、「酒は薬物であり毒である。」という主張も一理あるように思えてくるのです。覚醒剤や他の薬物との違いは「合法であるか無いか」だけなのではないか、と。

実際にこれを読んだだけで皆さんが酒を毒と捕らえるかどうかは別としても、このように意識できるようになけば、お酒を積極的に飲もうと思う機会が減りますから、自然と酒量が減ることに繋がりますよね。

僕は今後少なくとも家で一人で晩酌をするのは辞めておこう、と思うようになりました。

誰も飲酒のコントロールなどできていない

ウツボカズラ

この本では最初にアルコール依存症の人を「飲酒のコントロールが出来なくなった人」と定義しています。しかし、著者はお酒を飲む人はアルコール依存症かどうかに関わらず、全員が始めから飲酒のコントロールなど出来ていない、むしろ我々の方が酒にコントロールされているのだと言います。お酒が薬物であり、我々がそれに少しずつ依存して行くという事を認めれば、無理のない主張ですよね。

その様子を食虫植物(ウツボカズラ)の罠にかかって、その奥へ奥へと落下していく虫の様子に例えています。

お酒、つまりアルコールは罠である。お酒をたまにしか飲まない人でさえも単純にまだウツボカズラの入り口付近、上の方に位置しているだけで、既にその罠に掛かってしまっている。虫は必死に蜜を舐め続け、底まで落ちて初めて問題に気がつく。飛び立とうと思っても羽は消化液の混ざった液体まみれでどうしようもなく、もがけばもがく程、ますます出られなくなっていく。

そんな虫の最後の姿がお酒が原因で家族や仕事、健康などを失ってしまい、人生を破滅させてしまった人間の姿なのだと言います。そして、抱えた問題を忘れようと益々飲酒量が増え、さらに罠の深いところへハマって行ってしまう。

人間の場合、ウツボカズラの入り口付近からの落下スピードは家族状況、経済状況、アルコールの分解能力の差などが要因となり、個々人によって異なります。その落下スピードが遅い人は一生底に辿りつかずに済むかもしれませんが、速い人はそのうちお酒が原因で人生を破滅させる事になるんだそうです。

なるほど!

こんなふうに書かれていると、ちょっと怖くなりませんか?

我々は幼い頃からお酒はお祝い事やパーティなど、楽しい場には欠かせないと周囲から自然に教わり、酔っ払って一時的に楽しい気分になったりもしますが、これらがウツボカズラが虫たちを誘き寄せるために発する甘い蜜の匂いとリンクしました。

ウツボカズラの入り口付近にいる人にはピンと来ないかもしれませんが、僕は恐らく既に半分位までは落下しているので、この例え話は怖かったです。ここら辺で節制しておかないと、本当に底まで落ちてしまうと言う気にさせてくれました。

精神力で酒を辞めようとしないこと

これはお酒に対する意識の変化と言うよりも、禁酒をする時に心掛けたいと思った事です。

禁酒の方法として、人は良く、飲まない理由を沢山並べて「○○だから絶対飲まない!」と飲酒を我慢する方向に進んでしまいますが、この本の著者はこの方法では絶対に辞められないと言っています。なぜなら、我々は飲まない理由のために酒を飲むのではないからだそうです。

言われてみれば確かにそのとおりだと思いました!「二日酔いになりたいから酒を飲もう」「肝臓を壊したいから酒を飲もう」なんて人はいませんよね。

成功の秘訣としては「お酒を飲めない、飲んではいけない」と思うのではなく「もうお酒なんて、あんな酷いものを飲まなくても良いんだ。自分は開放されたんだ!」と発想を変えて禁酒をする事だそうです。「楽しんで禁酒をしなさい」というような事が書かれていました。恐らく著者はこれが言いたくてお酒の否定的なイメージを長々と読者に訴えかけていたのだと思います。

長期間禁酒をしていると、体調がすこぶる良くなり、頭の回転も上がり、気分も晴れやかになった上に健康的に痩せたりなど、良いことが沢山起こるそうなので、僕も飲酒で引き起こされるデメリットに注目するのではなく、これらの禁酒で起こるメリットを楽しみに、禁酒に励んでいこうと思いました。

まとめ

如何でしたか、今回は「読むだけで絶対やめられる 禁酒セラピー」の感想をお伝えしました。最後に、この記事で紹介した禁酒セラピーの内容を簡単にまとめておきます。

禁酒セラピーという本は、禁酒の方法について書かれているというよりもお酒の否定的なイメージを読者に植え付ける効果の方が高いと思います。

従って、僕のようにアルコールの悪い面をあまり意識してこなかった人が、お酒の肯定的なイメージを拭い去り、今後の禁酒や節酒生活を無理なく続けるための意識改革を行うには有用な本だと思います。

この本を読んで特に印象に残ったポイントは以下の3点です。

  1. 酒は薬物であり毒である
  2. 始めから誰も飲酒のコントロールなどできていない
  3. 飲酒のデメリットではなくて禁酒のメリットに注目して禁酒をすること

1番と2番の内容をしっかりと頭に植えつけてから、3番を実行していくという順番ですね。僕もまだお酒を完全に辞められる自信はありませんが、この本を読んだおかげで暫くは禁酒が続けられそうです。(いつまで続くかは分かりませんが、なるべく長く続けるつもりです・_・;)。。)

↓禁酒に関する他のノウハウも記事にしていますので、是非ご覧下さい!

休肝日が守れなくて悩んでいる人へ。休肝日を予め厳密に決めてしまうと守るのは難しいです。禁酒する日の割合を月単位(年単位でも良い)で決めて、そんな悩みを乗り切りましょう。自身の飲酒状況の把握や禁酒へのモチベーションを上げるためにも、禁酒の記録をつけると効果的です。
お酒を控えようと思う理由の第一は、やはり「身体に悪いから」だと思います。しかし、出費もバカになりません。「毎晩晩酌をする」「仕事終わりに1杯飲んでから帰る」「飲み会に良く参加する」という人は、相当お酒にお金を使っている可能性があります。実際我々は月換算、年換算でいくらくらいお酒にお金を使っているのか、検証してみます。
禁酒を続けていて口が寂しくなった時にお勧めの飲み物は、コーラでも清涼飲料水でもお茶でもなく、炭酸水です。その中でも絶対的にお勧めしたいのがウィルキンソンの炭酸水です。その理由をお伝えします。
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする