BULK HOMME(バルクオム)の化粧水THE TONER|豊富な潤い成分でしっかり保湿!

BULK HOMME(バルクオム)のTHE TONERは豊富な潤い成分でしっかりと肌を保湿!

THE TONERの箱

BULK HOMME(バルクオム)と言えば、男性向の本格的なスキンケアブランドとしてその名前が定着しつつあります。

男性の肌は女性と比べて皮脂量が2~3倍、水分量が半分以下と、実は女性の肌以上にストレスを受けやすい要素を持っています

そんな男性の肌を研究しつくし、50種類以上の中から選んだ成分を、国内工場で1%単位まで調整して製品を完成させているのがバルクオム。まさに男性の肌への理想的なアプローチを考えて作られているスキンケアブランドです!

今回はそんなバルクオムの製品の中から、化粧水”THE TONER”(ザ トナー)をご紹介します。

THE TONERの特徴

THE TONERの容器THE TONERの容器(裏側)

容器はTHE FACE WASHと同様、パウチ型です。

半透明で中が透けて見えるようになっています。

THE TONER(キャップ部分)

フタはキャップ式で、中心に小さな穴が空けられています。

ここから直接化粧水を取り出す事もできますが、油断すると結構勢い良く中身がでてしまうので、量の調整がしづらいです。また、容器がパウチ型のため安定性が少し心配です。特に中身が少なくなった際には不安定になって倒れる恐れもあります。

こういった事から、後述するTHE BOTTLEへ詰め替えての使用をオススメします。

成分

THE TONERの成分表です。

水、BG、グリセリン、トレハロース、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、グリセリルグルコシド、1,2-ヘキサンジオール、キサンタンガム、レシチン、PEG-60水添ヒマシ油、水酸化Na、グリシン、エタノール、フェノキシエタノール、香料

青字で記載した、バルクオムの7つの共通成分が目を引きます。

これらは肌の水分と油分のバランスを整え、肌本来の機能を取り戻す事を目的に、バルクオムが注目して配合している成分です。THE FACE WASH(洗顔料)、THE LOTION(乳液)にも配合されていて、バルクオムの製品を特徴づける成分となっています。

以下、注目の成分について解説します。

リンゴ果実培養細胞エキス

収穫後4ヶ月経っても潤いを保ち、腐らないと有名なスイスの不老長寿のリンゴ「ウトビラー・スパトラウバー」の肝細胞エキスです。

肝細胞は再生医療の場でも注目を集めており、「どんな細胞にもなれる能力」と「なった細胞と同じ役割の細胞を複製して増殖」できる力を持っています。

肌のターンオーバーにも大きく関わっており、表皮の肝細胞の数や機能が低下すると、肌が上手く再製できず、肌荒れ、シワ、しみ、たるみ、などの肌トラブルの原因となります。

そこへ不老長寿のウトビラー・スパトラウバーの肝細胞エキスを与えると、表皮の幹細胞の栄養となり機能が活性化!本来の肌のターンオーバーを取り戻す助けとなります。こういった事から、ウトビラー・スパトラウバーは化粧品業界ではとても有名なリンゴだそうです。

加水分解シルク

加水分解シルクは蚕(かいこ)の絹繊維から加水分解で抽出した液体(または粉末)です。

フィブロインとセリシンと呼ばれる2つのタンパク質からできています。

これらのタンパク質は、ヒトの表皮内で肌を保湿する役割を担っている保湿成分、天然保湿因子の40%を構成しているため、肌の水分を保持したりバリア機能を強化する働きが期待できます。

トレハロース

食品などにも多く使われている天然の糖質です。保水力が抜群で、乾燥した状態でもしっかりと保水する能力を持ち合わせているため、「生命(いのち)の糖」とも呼ばれています。

有名なのは干しシイタケです。カラカラな状態の干しシイタケを水に浸けるだけで元通りの姿に戻るのは、シイタケに含まれているトレハロースの力です。

乾燥状態になった時こそ、その保湿作用を発揮させ、肌をしっかりと乾燥から守ってくれます!

防腐剤

THE TONERの防腐剤には、刺激の強いパラベンの代わりに、フェノキシエタノール(玉露に含まれている揮発成分)や、それを補う成分としてBGとヘキサンジオール(殺菌する力は無いが、抗菌力と保湿力を併せ持つ成分)が配合されているようです。

使用感

THE TONERを手に取った様子

こちらは手に取った時の様子です。

後述するTHE BOTTLEから2プッシュを手に取りました。

質感は、今まで自分が使ってきたどの化粧水よりもとろみがあり、水と乳液の中間くらいの粘性を感じました。これがとても特徴的で、肌の上をなめらかにスベらせながら、簡単に顔全体へ伸ばす事ができました

香りもフルーティで、着け心地はなかなかです。

浸透力も高く、肌に良く馴染みます。

使用後は肌がもっちりと仕上がりました。

通常、洗顔後には、肌の水分の蒸発を防ぐ「皮脂膜」が奪われているので、化粧水をつけた後は乳液を使って肌へ浸透させた水分を閉じ込めておく必要があります

しかし、THE TONERは乳液を使わなくても、ある程度肌の潤いが持続するように感じます。これは、加水分解シルクや最強の保水力を誇るトレハロースなどの強力な保湿成分が配合されているためだと思います。

もちろん、乳液を使った方がより潤いを持続させる事ができます。でも、予算的に厳しい場合は「肌活コース」(THE FACE WASH(洗顔料)+THE TONER(化粧水))で様子を見て、必要であれば乳液を買い足すという方法も良いかもしれません。

詰め替え用ボトルのTHE BOTTLE

THE BOTTLE(空の状態)THE BOTTLE(ノズル部分)
最後はTHE BOTTLE(化粧水用詰め替えボトル)の紹介です。

こちらもTHE TONERのパウチと同じように透明で、中が透けて見えるようになっているため、残りの分量を確認しやすいです。

THE TONERのパウチ型の容器から中身を移して使います。

ボトルにはプッシュ式のノズルがついています。

プッシュ式のノズルの良いところは中身が手に取りやすいという点と、毎回の使用量が簡単に調節できるという点です。

自分は毎回2プッシュで顔全体をカバーできる。

などと覚えておけば、簡単に量が調節できます。

実際に使ってみると分かりますが、これは意外に便利です。特に化粧品に不慣れな男性だと、調整が分からずにムダに量を出し過ぎてしまう事もあるので、プッシュ式というのは結構ポイントです。

僕は大体2プッシュで顔全体をカバーする事ができました。また、普段から首を含めたデコルテの部分のスキンケアも行っているので、3プッシュで1回分をカバーする事ができると覚えています。

THE BOTTLEは単品で購入する事もできますが、肌活コースに申し込むと無料でついてくるので、お得にゲットする事ができます♪

お勧めの購入方法は公式通販「肌活コース」

THE TONERはAMAZONなどで単品購入(3,240円(税込))する事も可能ですが、僕のお勧めは公式通販の「肌活コース」です。

※実際に僕も肌活コースを利用しています。

>>BULK HOMME肌活コースの詳細レビュー

肌活コースがお勧めな理由

BULK HOMME肌活コースの箱のフタを空けた様子

肌活コースとは、BULK HOMMEブランドの洗顔料”THE FACE WASH”と化粧水”THE TONER”がセットになった毎月の定期購入コースです。

初回分は上のセットが送られてきます。

1.お得な値段

肌活コースでは初回分を通常価格の70%OFF(洗顔料+化粧水で1,598円(税込))、送料無料で購入できます。また、2回目からの値段も通常価格の10%OFFとなっています。
(但し、2回目からは別途送料540円がかかります)

2.お得な特典

THE BOTTLEを手に持っている様子THE BUBBLE NETの4重構造THE LOTIONのサンプル

肌活コースの初回分のセットをご覧になって、洗顔料+化粧水のセットの割には随分色々な物が入っていると思われたかもしれません。

これは特典として、

  • 化粧水の専用詰め替えボトル ”THE BOTTLE”
  • 専用の洗顔ネット ”THE BUBBLE NET”

が無料でセットとなっているためです。

また、他にも、乳液“THE LOTION”の2回分のお試しサンプルや、肌やスキンケアの事ついて詳しく書かれている”SKINCARE BOOK”なども付いてきます。

この中で、特にTHE TONERを効率的に使用するためには、1回毎の使用量をプッシュ回数で簡単に調節できるTHE BOTTLEの存在は欠かせません!

THE TONERを単品で購入する場合でも、THE BOTTLEは一緒に購入しておく事をお勧めします

3.解約はいつでも可能、全額返金保証も!

解約はいつでも可能です。また、1ヶ月では使い切れないと感じた場合は配送サイクルを30日おきから60日おきへ変更する事も可能です。
(但し、初回70%OFFで購入後、2回目を購入する前に解約する場合は別途3,000円の手数料がかかるので注意が必要です。2回目購入後の解約なら手数料もかかりません。)

初回で肌に合わないと感じた場合は全額返金保証を受ける事も可能です。

>>BULK HOMME肌活コースの詳細レビュー

BULK HOMME | 肌活コース

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大