「どろあわわ」と「くろあわわ」を4つの観点で比較!結局なにがどう違う?!

どろあわわとくろあわわ

「どろあわわ」は泥洗顔市場で6年連続売上No.1(2011~2016年度)を受賞している、有名な洗顔料ブランドです。そして、販売元の「健康コーポレーション」は肉体改造ダイエットで有名な「RIZAPグループ株式会社」の子会社です。

そんなどろあわわには、姉妹商品の「くろあわわ」という商品が存在します。

どろあわわを購入しようと思っていて、くろあわわという商品もあると知ったら、どちらが良いのか分からずに悩みますよね(・_・;。。

この記事ではそんな両商品の違いを、

  1. 容器
  2. 使用感
  3. 成分
  4. 値段

の、4つの観点から比べてみました!

結論を先に書いておくと、両者にそこまで大きな違いはないように思いました。

最終的には好みで選択する事になると思いますが、

イメージは、、

  • 肌を柔らかくし汚れを浮かせてから一気に落とす ⇒ どろあわわ
  • Wの炭パワーとマンナンの力も使ってゴッソリ落とす ⇒ くろあわわ

こんな感じです、笑

※どろあわわは2018年7月より新しくリニューアルされています。この記事でも、「新しいどろあわわ」と「くろあわわ」を比較しています。

どろあわわとくろあわわ 容器の比較

どろあわわの容器 くろあわわの容器
どろあわわの容器 くろあわわの容器

容器はいずれも「パウチ式」で、使用する際は側面を押して中身を取り出します。キャップは「ネジ式」です。

どろあわわの容器(背面) くろあわわの容器(背面)
どろあわわの容器(裏面) くろあわわの容器(裏面)

このようなパウチ式の容器は、残りが少なくなるとどうしても中身が取り出しづらくなりますが、背面を確認すると、いずれも手で切って中身が取り出せるようになっています。

細かい事のようですが、商品を心地よく使って欲しいという配慮が感じられますね(^ ^)。

いずれの容器も機能面では大きな違いはありませんが、デザイン面ではどろあわわの方がスタイリッシュです。

というのも、

どろあわわは今年(2018年)の7月に大幅リニューアルされたばかりで、中身の成分と合わせ、パッケージデザインも一気に刷新されています!

どろあわわの容器(3cm)の目安

背面の下のほうには、使用料の目安となる3cmの目盛りが追加され、使う人への配慮もパワーアップしています♪

どろあわわとくろあわわ 使い方と使用感

実際の使い方に違いはありませんが、使いながらそれぞれの特徴をご紹介していきます。

使い方

どろあわわ くろあわわ
どろあわわの容器(フタを開けた状態) くろあわわの容器(フタを開けた状態)
どろあわわを手に取った様子 くろあわわの洗顔料を手に取った様子

いずれもネジ式のキャップを外すと、中身を確認する事ができます。

色はそれぞれ白と黒、いずれも柔らかい泥のような質感をしていますが、「どろあわわ」の方がやや固い印象です。

ただ、

両者とも硬さは気温に左右されるため、この時がたまたまそうだっただけで、一概にどちらの質感の方が固いとは言い難いです。このように固さが変化するというのは、凝固剤などを使用しておらず、天然成分で構成されている証です。

香料も配合されていないため、匂いもありません。

因みに、

「くろあわわ」の黒い色は公式サイトで「W(ダブル)の黒パワー」と謳っている2つの炭成分に寄るものです。

どろあわわ くろあわわ
洗顔ネット(どろあわわを泡立てている途中) くろあわわを泡立てる

専用の泡立てネット(輪っか状、2重構造)を使って、泡立てます。

最初に軽く濡らし、少しずつ水分を足しながらゆっくりとネットを揉んでいくと、10秒も経たないうちに大量の泡を作り出す事ができます。

専用の泡立てネットは、どろあわわの場合はリニューアルキャンペーン中のため、単品購入でも貰う事ができます。くろあわわの場合は、定期コースへの申し込みで付属品として貰う事ができます。
どろあわわの泡 くろあわわの泡
どろあわわの洗顔泡 くろあわわで作った洗顔泡
どろあわわの洗顔泡 くろあわわの洗顔泡(逆さにしても落ちない)

いずれも、かなり弾力性が高く、もっちりとした泡に仕上がります。吸着力も高く、逆さまにしても掌にくっついたままです!

くろあわわの泡の方が若干色が灰色で、元(炭)の色が現れています。

使用感

  • 泡立てネットですぐに大量の泡が作れる!
  • 泡の弾力性が高い!

こちらが、両者を使った直後の直感的な感想です。

実際、使用感の点で両者に大きな差は感じられません
(若干気持ち程度ですが、くろあわわの方が泡に弾力があると感じました)

いずれの泡も、手と顔の間でクッションの役割を果たすには十分な弾力があり、少し力を入れるだけでも泡が毛穴奥まで入り込みます。

男性の自分でも、汚れが落ちていく感覚をしっかりと感じる事ができます。

そして、洗顔後は肌がしっとりとしており、つっぱりを感じません。これは「どろあわわシリーズ」の洗顔料に配合されている保湿成分が、洗顔後の乾燥から肌を守っているためだと思われます。

また、いずれも匂いはなく無臭です。

香料などで香りを演出する洗顔料も多い中、どろあわわとくろあわわは「無着色・無香料」と無駄な物を配合していません。

どろあわわ vs くろあわわ(使用感の比較)
使用感 新どろあわわ
どろあわわ
くろあわわ
くろあわわ
泡の色 薄い灰色
泡立ちの速さ 10秒以内 10秒以内
泡の量 多め 多め
泡の色 薄い灰色
泡の弾力 評価星4つ(星4:高い) 評価星4つ半(星4.5:高い)
くろあわわの方が若干高く感じた
匂い 無臭 無臭
洗顔後の潤い しっとり、つっぱらない しっとり、つっぱらない

くろあわわの方が気持ち程度、泡に弾力があるように感じましたが、総合的な使用感に殆ど差はありませんでした。

ただ、

実際に配合されている成分は異なりますので、汚れを落としていくプロセスは異なります

次は成分について見ていきます!

どろあわわとくろあわわ 成分の比較

「どろあわわ」と「くろあわわ」の洗浄の特徴を簡単にまとめると、

  • どろあわわ:「肌をほぐして汚れを落ちやすく」してから「泥の力」で洗浄!
  • くろあわわ:「強力な炭の吸着力」+「泥の力」で汚れを落とす!

このような感じになります。

どろあわわの成分の特徴

どろあわわ(旧→新パッケージ)

「どろあわわ」は、2018年で登場から10年です。

これを記念し、7月1日に商品が大幅にリニューアルされました。

今まで「落とす」「うるおす」の2ステップだったどろあわわの洗顔工程に、「ほぐす」という考え方が加わり、そのための新成分「米麹エキス」と「米ぬか発酵エキス」が配合されました。

新しいどろあわわは、まず肌の表面を「ほぐし」柔らかくすることで、汚れを落としやすい状態にします。その後、泥の洗浄成分がごっそりと汚れを落としていく、このように「落とす」プロセスの前にもう1ステップ追加する事で、洗顔力を高めるよう進化しました。

更に、

「落とす」のステップには「国産タナクラクレイ」、「うるおす」のステップには「ベビーコラーゲン」と「国産真珠液」の新成分も追加されており、「落とす」「うるおす」の機能もパワーアップしています。

くろあわわの成分の特徴

炭のイメージ画像

一方、

「くろあわわ」には、Wの黒成分「やし殻活性炭」「天然泥泡(ピート)」の2つの炭成分が配合されています。

炭が配合されているのがくろあわわの大きな特徴です。

実は、炭には非常に優れた吸着力があります。

炭の表面には無数の小さな穴が開いており、この穴があらゆるものを吸着します!

炭が配合されている洗顔料を使うと、毛穴に詰まった汚れや余分な皮脂など、しつこい汚れを炭の吸着力で取り除く事ができるのです。

また、「天然泥泡(ピート)」はアミノ酸、ミネラル、ビタミン等が豊富で、美肌ケアも期待できる成分です。

更に、

くろあわわには、どろあわわの泥成分(泥も汚れを取り除くための成分)も配合されています。

どろあわわとくろあわわの成分比較表

以下は、新旧どろあわわとくろあわわに配合されている有効成分の比較表です。

新旧どろあわわ vs くろあわわ(成分の比較)
ステップ 有効成分 新どろあわわ新どろあわわ くろあわわくろあわわ 旧どろあわわ旧どろあわわ
ほぐす 米麹エキス × ×
米ぬか発酵エキス × ×
落とす やし殻活性炭 × ×
天然泥泡(ピート) × ×
マンナン粒 × ×
沖縄産マリンシルト
国産ベントナイト
国産タナクラクレイ × ×
うるおす 豆乳発酵液
ヒアルロン酸
黒砂糖エキス
1型コラーゲン
ベビーコラーゲン × ×
国産真珠液 × ×

以前はくろあわわの方が多くの洗浄成分を含んでいたため、

「くろあわわの方がどろあわわよりも汚れを落とす力が強い!」

と、言えたかもしれません。

しかし、新どろあわわに「ほぐす」ステップが追加となったのと、「落とす」ステップにも新成分「国産タナクラクレイ」が配合されたので、今は単純にそうも言えなくなっていると思います。

僕が使った感想も上でご紹介していますが、両者の洗浄力に大きな違いは感じていません

ただ、

汚れを落とす仕組みは異なるので、好みで選ぶと良いと思います。

冒頭でもお伝えしましたが、

イメージは、、

  • 肌を柔らかくし汚れを浮かせてから一気に落とす ⇒ どろあわわ
  • Wの炭パワーとマンナンの力も使ってゴッソリ落とす ⇒ くろあわわ

こんな感じです、笑

どろあわわとくろあわわ 値段の比較

「どろあわわ」と「くろあわわ」には、単品購入と定期購入コースがあります。

購入方法に寄って値段も異なります。

どろあわわ vs くろあわわ 購入方法と値段
購入方法 値段(税抜)
新どろあわわどろあわわ くろあわわくろあわわ
単品購入 2,480円 → 1,480円
キャンペーン10/31迄

送料無料
2,980円+送料630円
フリー定期コース 初回1,490円
2回目以降5%OFF
送料無料
6カ月以上コース
※6回の縛りあり
初回1,480円
2回目以降20%OFF
送料無料
初回1,490円
2回目以降15%OFF
送料無料

ご覧のように、どろあわわは10/31迄リニューアルキャンペーンを実施していて、

1人1回限りですが、

通常2,480円 → 1,480円

と、今ならお得に購入する事ができます。

この期間は単品購入でも送料無料です。

一方、

くろあわわは単品購入だと送料630円がかかってしまうため、

2,980円 + 630円 = 3,610円

と、洗顔料1本の割には少し割高になってしまいます(・_・;。。

くろあわわを購入するなら、初回が半額の1,490円で購入できる、定期コースの利用をお勧めします。とりあえずお試しで使ってみたい場合も、付属する特典などの事を考えた場合、「フリー定期コース」で2回購入した方が安上がりでしょう。

購入方法に寄って貰える特典の違いは、次のとおりです。

どろあわわ vs くろあわわ 購入方法と特典
購入方法 特典
新どろあわわどろあわわ くろあわわくろあわわ
単品購入 ・専用泡立てネット ・特になし
フリー定期コース ・専用泡立てネット
・つや肌とろり液(美容液)
サンプル
6カ月以上コース ・専用泡立てネット
・発酵トリートメントマスク
・専用泡立てネット
・つや肌とろり液(美容液)
サンプル

くろあわわの単品購入以外は「専用泡立てネット」が付いてきます。

また、どろあわわの6カ月以上コースでは、「発酵トリートメントマスク」と呼ばれるフェイスマスクを5枚、くろあわわの定期コースではいずれも「つや肌とろり液」と呼ばれる美容液のサンプル(2,880円相当)を貰う事ができます。

おわりに

如何でしたでしょうか。

今回は、泥洗顔市場で6年連続売上No.1を受賞している人気洗顔石鹸「どろあわわ」と、その姉妹商品「くろあわわ」を使用し、その比較内容をお伝えしてきました。

繰り返しになりますが、

筆者は、両者の洗浄力に大きな違いは感じていません

ただし、

配合されている成分は違うので、汚れを落とす仕組みは異なります

  • 肌を柔らかくし汚れを浮かせてから一気に落とす ⇒ どろあわわ
  • Wの炭パワーとマンナンの力も使ってゴッソリ落とす ⇒ くろあわわ

このようなイメージなので、ご自身に合いそうと感じた方を選んでください(^ ^)。

※個人的には、現在リニューアルキャンペーン中の「どろあわわ」をオススメします。

今なら単品購入でも通常より1,000円OFFの1,480円

送料無料、専用の泡立てネットも付いてきます♪