【除毛クリーム】除毛の仕組み|メリットとデメリットも合わせて徹底解説!

除毛クリームによる除毛の仕組みをメリット、デメリットと合わせて解説!

NULLリムーバークリームとアフターシェーブローション
除毛クリームってご存知でしょうか?

処理したいムダ毛に塗って5~10分程待ったのちに布などで拭き取ると、毛がごっそりと抜け落ち、ムダ毛が処理できるというクリームです。

即効性と効果は抜群なので、ムダ毛を気にしている人にとっては有難いクリームですが、

その一方、

「塗っただけでそんなに毛が抜けるなんて、危険なものじゃないの(・_・;?」

と、気になりませんか?

そこで、除毛クリームによる除毛の仕組みを調べてみました。また、除毛クリームのメリットとデメリットについてもまとめましたのでご覧下さい。

除毛クリームによる「除毛」の仕組み

毛根も含めて毛を取り除くことを「脱毛」
(クリニックの医療レーザー脱毛、エステの光脱毛や電気(ニードル)脱毛、毛抜き処理etc)

医療脱毛 エステ脱毛

肌の表面に出ている毛を取り除く事を「除毛」
(カミソリ、シェーバーなどで毛を剃る、除毛クリームetc)

ムダ毛処理 カミソリ 毛の断面図

と、呼ぶのだそうです。

除毛クリームは肌表面に出ている毛にのみ作用します。毛根を取り除く事はできません。「脱毛」と言う言葉を使っている製品もあるようですが、上記の言葉の定義に従えば「除毛」が正しいです。

除毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」と呼ばれる物質が入っており、こちらが有効成分として働きます。この物質は、毛の主成分である「硬ケラチン」というタンパク質を分解する性質を持っています。

クリームを塗布すると、チオグリコール酸カルシウムの働きにより、毛(主に肌の表面に見えている部分)の「硬ケラチン」が徐々に分解されていき、毛が溶かされていきます。こうして5~10分後には、布で拭き取れば毛は間単に抜け落ちます。

但し、クリームは毛穴の奥の方までは届きません。表面上はすっかり毛が無くなったように見えても、毛根は残っています。そのため、除毛から1~2週間経つと再び毛が肌の表面に現れはじめます

肌も髪と同じタンパク質でできていると聞いた事があるけど、、肌は溶けないの??

確かに、肌の主成分もケラチンと呼ばれるタンパク質なのですが、こちらは「軟ケラチン」と言い、毛の主成分である「硬ケラチン」とは含まれているアミノ酸の種類が異なります。

硬ケラチンにはシスチンというアミノ酸が多く含まれています。そして、シスチンはシステインというアミノ酸が2つ結合してできており、この結合の事をシスチン結合と呼びます。

チオグリコール酸カルシウムは、このシスチン結合を断ち切る事で、硬ケラチンを分解していきます。一方、肌の主成分である軟ケラチンはそれ程多くのシスチンを含んでいませんので、チオグリコール酸カルシウムの影響を受ける事は殆どありません。

よって、除毛クリームは毛の主成分である、「硬ケラチン」に特化して作用するよう、しっかりと考えて作られているので安心、と言えます

除毛クリームには、チオグリコール酸カルシウムの働きを促進するために、アルカリ剤が配合されているものもあります。また、肌への影響は少ないものの、全く刺激がない訳ではありません。そのため、肌をケアするための成分も配合されています。

これらアルカリ剤や、肌ケア成分の配合の割合の違いが、各除毛クリームの商品の差となって現れているようです。

除毛クリームのメリット

除毛クリームは値段が安く、塗布してから5~10分で効果が出るので即効性もあります。除毛クリームの様々なメリットを見ていきましょう。

利点1 値段が安い

お金の計算

第1に値段が安いです。

大手のエステサロンで「脱毛コース」を契約すると、簡単に数十万の契約になります。

また、クリニックでの医療レーザー脱毛もエステサロンほどの金額にはなりませんが、部位によっては10万円近い出費は覚悟しなくてはなりません。複数の部位を契約すると、普通に10万円は超えます。

筆者は、以前大手のメンズエステサロンで脇を脱毛した事がありますが、両脇の3分の1程脱毛が完了した時点で金額は10万円を超えました

また、脱毛クリニックで髭のレーザー脱毛も済ませていますが、こちらは総額8万円程かかっています。その際にスネ毛も一緒に処理しようと考え、見積もりを出してもらいました。その時の金額は両膝下で8万円程だったと記憶しています。

スネ毛はズボンを履けば隠れるし髭ほどは気にならない。そこまでお金をかけたくないし、今回は見送ろう。

当時はこう思って見送ったのですが、結局8万円出して処理をしたいと思う程、スネ毛には悩んでいなかったと言うことです。

脱毛クリームであれば、数千円レベルの出費で済むため、金額の差は歴然です。

利点2 痛みや刺激が少ない

除毛する女の人

除毛クリームは、痛みや刺激が少ないのも利点です。

ピンセットや毛抜きで毛の処理を行うと、毛根から毛が抜けていきますので痛みを伴います。また、カミソリを使った毛の処理は肌を刺激するためカミソリ負けなど、肌にダメージを与えてしまいます。

除毛クリームの有効成分、チオグリコール酸カルシウムは基本的に肌を刺激する事は殆どありません。また、除毛クリームには肌をケアするための様々な成分が配合されているため、使用後に肌が荒れるリスクも少なく済みます。

利点3 広範囲の様々な部位に使える

広範囲、様々な部位に使えるのも利点です。

例えば筆者の場合、スネ毛は沢山生えていますが、太ももにはそれほど毛は生えていません。このように少しだけ毛が生えているけれど、

「エステサロンやクリニックなどで脱毛を受ける程では無い。」

という部位もあるのではないでしょうか?

人に寄って、お腹、背中、うなじ、指だったりとその部位は様々と思いますが、除毛クリームであればこうした毛も簡単に取り除く事ができるので便利です。

利点4 手軽で即効性がある

除毛クリームは塗布してから5~10分程待てば毛を綺麗に取り除く事ができます。従って、すぐに結果が欲しい場合にとても有効です。

エステサロンやクリニックでの脱毛には時間がかかります。
というのも、毛には「成長初期」→「成長期」→「退行期」→「休止期」を繰り返す「毛周期」と言うものがあり、医療レーザー脱毛や光脱毛では「成長期」の毛しか処理する事ができないからです。

毛 毛周期 ヘアサイクル

従って、エステサロンやクリニックの脱毛ではこの毛周期を考慮し、大体1~2ヶ月に1度のペースで通う必要があります。筆者が髭を脱毛した際には合計で8回クリニックに通いました。期間も1年程かかっています。完全に脱毛が完了するまでには手間と時間がかかるのです。

また、医療レーザー脱毛でのレーザーの照射や電気(ニードル)脱毛後は軽い炎症を起こし、数日間肌が赤く腫れてしまったり、痒みを伴う事もあります。このような症状は数日すれば治まるケースが殆どですが、すぐに綺麗にしたくてエステやクリニックに行ったのに、その後数日間肌が腫れてしまったら本末転倒ですよね(・_・;。

即効性を求める場合、脱毛という手段はあまり向かないのです。

NULLリムーバークリーム

除毛クリームのデメリット

ここまで除毛クリームのメリットについて見てきましたが、次のようなデメリットもあります。

除毛クリームはその名のとおり、あくまで「除毛」のためのクリームであると言うことを念頭に、用途に合わせて上手く使いましょう。

欠点1 毛が再び生えてきてしまう

除毛クリームは肌の表面に出ている毛にしか作用しないため、毛は1~2週間ほど経つと再び生えてきてしまいます

従って、

「今度海で水着を着る時に、お腹の毛をなくしたい!」

「夏にハーフパンツを履く時にスネ毛を処理したい!」

このように一時的に「毛を処理したい」という用途で使用するのであれば非常に効果的ですが、常にムダ毛が気になる場合は、手入れを繰り返さなければなりません

ムダ毛がコンプレックスで永久に生えてきて欲しくない場合は、エステサロンやクリニックでしっかりと脱毛をしておく方が良いと思います。

その一方で、コンプレックスという程でもなく、多少毛が気になる程度の部位には除毛クリームを使用するなど「脱毛」と上手く使い分けて使用すると効果的です。

欠点2 顔や髭、デリケートゾーンには使えない

除毛クリームの有効成分である、チオグリコール酸カルシウムは基本的に肌を刺激する事はありませんが、全く刺激がない訳ではありません。

そのため、顔、髭、デリケートゾーンへの使用は禁止されている製品が殆どです。特に髭に関しては、使えると勘違いしてしまう人が多いようなので注意が必要です。

髭やデリケートゾーンがコンプレックスである場合は、エステサロンやクリニックでの脱毛をお勧めします。(個人的にはエステサロンよりもクリニックでの医療レーザー脱毛をお勧めします。)

まとめ

ペンとノート

如何でしたでしょうか?

今回は、塗るだけでムダ毛がごっそりと処理できる、除毛クリームの仕組みと、メリット、デメリットについてお伝えしました。

除毛クリームは、

  • 値段が安い
  • 痛みや刺激が少ない
  • 広範囲、様々な部位に使える
  • 手軽で即効性がある

などのメリットがあり、使い勝手の良い商品です。

しかしその一方、除毛した毛は1~2週間ほど経過すると、再び生えてきます。また、顔や髭、デリケートゾーンには使えない商品が多い、などの欠点もあります。

あくまで「除毛」のためのクリームであると言うことを念頭に、用途に合わせて上手く使うと効果的です。

NULLリムーバークリーム

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大