薬用ホットタブ(HotTab)|自宅で炭酸泉の効能得られる入浴剤レビューと感想!

炭酸泉のイメージ

今日の記事では、炭酸風呂の効果が自宅で手軽に得られると話題の、

  • 薬用Hot Tab(ホットタブ)

をご紹介します。

こちらは天然の炭酸泉に近い効能が得られる入浴剤です♪

炭酸風呂で得られる様々な嬉しい効果!

最初に炭酸風呂の効果について少しおさらいしておきます。

お風呂に入ると血流が良くなります。

これは、身体の体温調節機能が体温を下げようとするためですが、「炭酸が溶け込んだお風呂」に浸かると、これに加え血管の拡張という作用が働きます。

そのため、

炭酸風呂に浸かると、普通のお風呂よりも遥かに血流が良くなる事が分かっています。

血流が普通のお風呂に比べて良くなる分、さまざまな嬉しい効果が期待できます。

炭酸風呂の効果について詳しくは以下の記事もどうぞ。
炭酸風呂の効果|むくみ・冷え性・肩こり等の解消に >

自宅で天然炭酸泉の効能を得るには「薬用ホットタブ」

このように多くの効果が期待できる炭酸風呂ですから、できれば毎日の入浴に取り入れていきたいですよね。

では、

・市販されている炭酸入浴剤を使用すれば良いの?
・炭酸水を買ってきて浴槽に入れれば良いの?

というと、実はそんなに単純ではありません

肌から身体に直接取り込まれるのは”炭酸ガス”ではなく、重炭酸イオンという物質です。

重炭酸イオン??

実は、この重炭酸イオンが有効成分として働き、身体に様々な効果をもたらしてくれます。

ヨーロッパや日本にある天然の炭酸泉にも、重炭酸イオンがたくさん溶け込んでおり、有効成分として働いているため、様々な効果を得ることができるのです。

実は炭酸ガスそのものは、酸性で水に溶けにくく、お湯に入れてもすぐに気化してしまいます。よって、炭酸水を浴槽に入れても、市販の炭酸入浴剤から発生する炭酸ガスもすぐに気化してしまい、あまり効果は得られません

入浴で炭酸の効果を得るためには、単純に炭酸ガスを発生させるだけではダメで、重炭酸イオンの形にしてお湯の中に留めておかないとならないのです。

そして、

それを可能にしているのがこちらの入浴剤です。

ホットタブのタブレットが袋から出ている様子

これは薬用HotTab(ホットタブ)と言う特殊な入浴剤です。

「薬用」というのは「医薬部外品」に認められている表記です。この商品は厚生労働省より、以下の効能に有効な成分が配合されている事が認められています。

肩のこり、腰痛、疲労回復、冷え性、神経痛、リウマチ、痔、産前産後の冷え性、うちみ、くじき、あせも、しもやけ、荒れ性、ひび、あかぎれ、にきび、しっし

※薬用HotTabパッケージ裏面より転載

普通に市販されている入浴剤ではここまでの効果は期待できません。

さすが、医薬部外品の事だけはあります。

薬用ホットタブは、お湯に入れるとすぐに炭酸ガスを重炭酸イオンに変化させ、そのまま水中に溶かしていきます。

ホットタブの冊子にも、重炭酸イオンがお湯の中にたっぷりと溶け込むと記載があります。

更に、

ホットタブのお風呂は普通のお風呂に比べて血流が5~6倍も上がっており、お風呂からあがった後も血流が下がりにくいとの記載もありますね。

重炭酸イオンは長く水中に留まる性質を持っているため、24時間以内であれば再度沸かして利用しても効果を得ることができます♪

薬用ホットタブを投入|自宅炭酸泉の体験と感想

では、ホットタブを試してみた時の様子と感想をご紹介します。

まず、ホットタブが入った袋を開けると白いタブレットが入っています。

これらを浴槽の中に入れます。

大きさは想像していたよりも大きく、直径3cm程あります。

ホットタブのタブレット(袋を開けて確認)

時計と比較してみたのですが、結構大きいのが分かって頂けるかと思います。

なんだかラムネみたいで美味しそうにも見えます^^;。

パッケージの入浴法のところには次のように書かれていました。

  • 分量は200ℓに4錠が目安
  • お湯の温度は37℃~40℃のぬるめが良い
  • 15分以上浸かるとよりより効果的
  • 洗顔や洗髪に使っても大丈夫

200ℓに4錠とは・・・、

1回で結構使うんですね。

ホットタブは30錠入りでも2,700円とお高いので、

できれば1回1錠だと助かるのですが(・_・;。。

一応用法を守って、160ℓに3錠入れてみました。

薬用ホットタブを浴槽に入れた様子

こちらが入れた直後の様子です!

凄く泡立っている様子がお分かり頂けるかと思います、笑。

因みにタブレットを入れてから全て溶け終わるまでに20分程かかりました

重炭酸イオンがお湯に全て溶け出してからの方が効果が望めるので、シャワー時や入浴前に予め入れておくことをお勧めします。

入ってみると、普通のお湯に比べて少しなめらかです。

表現が難しいのですが、普通のお風呂よりも身体と水との間の摩擦が少ないという感じです。

20分程浸かりました。

浸かっている間はお湯の肌触り以外は特に大きな効果のようなものは感じませんでしたが、湯船から上がって30分経過しても身体の内部からポカポカと温かく、ジワジワと汗が出続けました

また、身体や顔の色も赤い状態がなかなか引きません。

おそらく血流がいつもより良くなったためだと思います。

あと、

嬉しかったのが気になっていた顔のむくみが引き、フェイスラインがハッキリしたことです。顔がシャープになったという感じです♪

これは重炭酸イオンの作用で抹消血管の血流が良くなり、皮下組織に留まっていた老廃物や水分が静脈へ排出されたためだと思われます。

最近は年齢のせいで顔が太ってしまったと思っていたのですが、太っていたのではなく、むくんでいたんですね。

顔のむくみが引くだけで見た目は劇的に若返ります。

薬用ホットタブの濃度は24時間持続する

ホットタブのタブレットは正しい分量を守るのなら、200ℓのお湯に4錠も入れなくてはなりません。

うちの場合、お湯を張る時はいつも160ℓなので3錠ですが、これでも多いですよね(・_・;。

30錠で2,700円と結構値段が高いので、もう少し経済的だと嬉しいですね。。

そこで、重炭酸イオンの濃度が24時間持続する事を上手く活用しましょう

24時間以内であれば、お湯を再度沸かせば再度同じ効果を得ることができます。
※これはホットタブのパッケージに記載されているので間違いありません

僕は一度ホットタブを入れた湯船は24時間以内に「追い炊き」して再び入浴するようにしています。こうすれば、同じ数のタブレットで2日分入浴できます。

湯船に「追い炊き機能」がついていない場合は、給湯温度を最高まで上げて足し湯をすれば再び入浴できる温度になりますので、是非これらの方法を試してみてください。

おわりに

ホットタブのお湯に浸かると、天然の炭酸泉の様々な効能が自宅でも手軽に得られます。

上述したとおり、

ホットタブは少々値段が張りますが、公式サイトから定期購入やまとめ買いをすると、少しだけお得に購入できるようになっています。

【参考】HotTab公式サイト価格
購入方法 価格(税込) 備考
30錠入り単品購入 2,700円 送料630円
30錠入り定期購入 2,700円⇒2,430円 10%引き
送料無料
100錠2袋セット 14,472円⇒13,472円 1,000円お得♪
送料無料
100錠4袋セット 28,944円⇒25,944円 3,000円お得
送料無料

薬用HotTabの公式サイトを見てみる >

もちろん、

・定期購入は苦手
・まずは試したい、まとめ買いするほど沢山は要らない

という場合は、

Amazon、楽天、yahooなどの大手ショッピングサイトをご利用下さい。

これから徐々に寒い季節がやってきますが、炭酸風呂で温かい毎日を過ごしてみてはいかがでしょう(^ ^)。