金剛筋シャツを睡眠時に着用した体験談!寝るときの着用は効果的!?

金剛筋シャツ(ベッドの上) 加圧シャツ
スポンサーリンク

金剛筋シャツの公式サイトを覗いていると、

  • たるんだ身体を24時間イジメ抜く
  • 24時間360度ギュギュっと締め付けてくるそのパワー
  • 24時間トレーニングを体感せよ
  • 仕事中も、テレビを見ている時も、食事中も、睡眠時間

などのキャッチフレーズが目を引きます。

これを見たら、

・え、金剛筋シャツって睡眠時に着ても効果が上がるの?
・そもそも着て寝られるのか?

などの疑問がわきますよね?

そこで、今回は筆者自ら金剛筋シャツを着て寝てみました!

スポンサーリンク

睡眠時に金剛筋シャツを着用してみた

金剛筋シャツを着ながら寝ている様子

結論から言うと、寝るときは金剛筋シャツは脱いだ方が良いです!

寝苦しいなどの問題もありますが、後述するように筋肉を鍛えるのが目的なら逆効果だし、体に悪影響を与える恐れもあります。

まずは、着用して寝たときの感想です。

寝付けない

なかなか寝付けませんでした。

起きている時よりも体の締め付けが気になります。

それもそのはずで、眠るときは「副交感神経」が優位になり、心身ともにリラックスした状態が必要です。

(u_u) ← こんな感じです

 

しかし!

金剛筋シャツを着たままだと筋肉への刺激が止まりません。

筋トレ効果が持続してしまうため「交感神経」の働きが優位なままです。

こうなると心身ともに緊張や興奮した状態が続き、なかなか寝付くことができないのです。

:(;゙゚”ω゚”): ← こんな状態が続く

 

これじゃあ、眠れないのも当然ですよね。

頻繁に目が覚める

また、やっと眠れたと思ってもすぐに目が覚めてしまいました。

体が興奮したままでリラックスできないので、眠りが浅くなっています。

何度か目が覚めたあと、金剛筋シャツを着て寝ることは諦めました、笑。

逆に金剛筋シャツを脱いでからは、すぐに眠る事ができました。

睡眠時の着用は逆効果!体に悪影響も?

睡眠の役割は体を休める事です。

筋肉にも休息が必要です。

そもそも、睡眠中も筋トレ効果を期待して金剛筋シャツを着用することは逆効果です。

筋肉にも休息が必要

筋肉質な体

「超回復」ってご存知でしょうか?

筋トレで筋肉を刺激すると一時的に筋肉の組織が破壊されます。

その後、筋肉を休ませている間に破壊された組織が修復されます。

この時に組織がより頑丈になり、以前よりも大きな筋肉へと成長します。

以前よりも大きく頑丈に修復されるので、「超」がついて超回復と呼ばれています。

つまり、筋力を上げるには、
(↓少し極端な表現ですが・・・)

筋トレで破壊 ⇒ 休息で超回復 ⇒ 筋トレで破壊 ⇒ 休息で超回復 以下同じ・・

このように筋トレと休息を繰り返す必要があります。

筋肉にずっと刺激を与え続ける事は破壊が続くことになり、逆効果です。

睡眠中は最も筋肉が休まる時間です。

寝るときは金剛筋シャツは脱いで、しっかりと休息させましょう!

体に悪影響も?

当然ですが、睡眠時に休息が必要なのは筋肉だけではありません。

体を活動的にする「交換神経」が優位なままだと、次のような反応が体に出たままです。

体の反応交感神経優位副交感神経優位
心拍数増える減る
心臓の収縮大きく収縮し、たっぷりと血液を送る収縮が弱まり血流が減る
毛細血管収縮し、血圧が上がる
関連 金剛筋シャツと血圧の関係
緩くなり、血圧が下がる
汗を多くかく
活発に働く、興奮状態リラックス、眠くなる

このように「交感神経」が睡眠中に優位に立つとゆっくりと休めず体にも悪影響です。

睡眠時は金剛筋シャツは脱ぎましょう

おわりに

今回は金剛筋シャツと睡眠の関係をお伝えしました。

金剛筋シャツは体に程よい圧力をかけるので、姿勢の矯正集中力の向上など、着るだけで様々な嬉しい効果が得られます。また、筋肉に刺激を与えるため、日中に着て、寝るときに脱ぐと超回復の効果が期待できます。

金剛筋シャツで日中に刺激した筋肉は夜間にしっかりと回復させ、理想的な体を手に入れましょう!

公式サイトはコチラ↓

コメント