加圧シャツ徹底レビュー|マッスルプレス(MUSCLE PRESS)の特徴は高い加圧力と着心地の両立!

マッスルプレスのパッケージ

加圧シャツを使い始めてから”着るだけで体が引き締まる”、”姿勢が良くなる”というその手軽さと効果にすっかりと魅了されてしまい、最近は色々な加圧シャツを試しています。

当初は スパルタックスモアプレッシャーなど、あまり加圧力が強くないものを選んでいました。

それでも最初のうちは「体に圧力がかかっている!」と強く感じたのですが、最近はその圧力を意識する事があまりなくなってきました。もちろん、これは効果を感じなくなったという事ではなく、体が加圧の感覚に慣れてきたという事だと思います。

そこで、もう少し圧力が強めのシャツも試してみたいと思うようになりました。

今回は、高い圧力を売りにしている、マッスルプレスというシャツを取り上げます。

マッスルプレス(MUSCLE PRESS)の特徴

マッスルプレスも基本的には他の加圧シャツと一緒で、着るだけで姿勢が良くなり、体が引き締まる事を売りにしています。

ですから「痩せたい!」と思いながらも、、

  • ジムに行くなんて忙しくて無理!
  • 自宅での筋トレですらチャレンジしては断念の繰り返し。。
  • 食事制限も難しいな(・_・;。

このように悩んでいる方にはお勧めしたいのですが、それだと今までご紹介したスパルタックスモアプレッシャーも一緒です。

では、どこが違うのか?

1.高い加圧力を謳いながらも、長時間の着用が可能

1番大きな違いは、スパルタックスやモアプレッシャーはどちらかと言うと長時間の着用でもストレスにならない着心地の良さを推しているのに対し、マッスルプレスは強力な加圧力を謳っている点です。

公式サイトを見ると、マッスルプレスは高い加圧力を売りにしている事が分かります。

マッスルプレスの加圧力

しかし、強力な加圧力を謳いながらも、次のように「24時間いつでも着用可能である」と記載されています。

マッスルプレス24時間着用可能

これは当初から、

加圧シャツを日常生活に取り入れて、徐々に効果を上げていきたい。

と望んでいる自分の使い方と一致します。

加圧力が高くなると、長時間着用するのはキツイのではないかと思っていましたが、このように書かれていたので、購入してみる事にしました。

2.マッスルプレス着用の様子

マッスルプレスのシャツ

こちらがマッスルプレスのシャツです。

購入したのは他のシャツと同じMサイズです。

大きさはスパルタックスやモアプレッシャーなどの加圧シャツと比べても更に一回り小さく、高い圧力がかかりそうだと期待させてくれます、笑。

マッスルプレス着用(正面)

こちらが着用後、体の正面から撮影したものです。

やはり強力な加圧力を売りにしているだけの事はあり、スパルタックスやモアプレッシャーよりは強い圧力が体にかかります。また、高い加圧力を実現するためか(?)シャツがとても小さいので、着脱にも今まで以上に少し手間取りました。。
(※着脱は最初は手間取りますが、何度か行っているうちに慣れてきます)

こちらは首の部分です。

マッスルプレスは”丸首”なのですが襟ぐりが深くとってあるので、普通のシャツの下に着ても目立ちません。肌着として使用するのに適したデザインだと言えます。

体の側面と腕の部分です。

体の正面から写した時と比べボディラインがくっきりと出ており、体にピッタリとフィットしている様子が分かっていただけると思います。

3.価格は少し高め

マッスルプレスの価格は、スパルタックスやモアプレッシャーに比べ、少し高めの設定です。高い圧力をかけるためには、コストもかかってしまうのでしょうか(・_・;?

加圧シャツの価格比較
加圧シャツブランド 価格(税込)
スパルタックス 1,798円
モアプレッシャー 1,880円
マッスルプレス 4,298円
金剛筋シャツ 4,298円

マッスルプレスよりも更に加圧力が強い「金剛筋シャツ」も価格リストに記載しましたが、こちらはマッスルプレスよりも更に強い加圧力があります。

加圧力の強さだけを求めるなら、マッスルプレスよりも金剛筋シャツをお勧めします。
>>金剛筋シャツの詳細レビューへ

マッスルプレス(MUSCLE PRESS)の着用による効果

マッスルプレスを着た時に得られる効果も、基本的には今までご紹介してきたスパルタックスやモアプレッシャーなどと変わりません。

しかし、加圧の力はスパルタックスやモアプレッシャーよりは強めです

但し、高い圧力を売りにしている割には、思った程の圧力が体に掛からないと感じる人もいると思います
今回の目的は、加圧力がある程度強く、長時間着用が可能なシャツを手に入れる事だったので僕自身は満足していますが、純粋に高い加圧力を求めているのなら、金剛筋シャツをお勧めします。

①特に、胸部と腕に高い圧力がかかる

スパルタックスやモアプレッシャーと比べ、体にかかる圧力は全体的に高いのですが、特に胸部と腕に高い圧力がかかります。

そのためか、肩が強い力で後ろへ引っ張られている感じがします。肩が前に出て行ってしまうのを強い力で矯正してくれるので、より自然に胸を張った状態を維持する事ができます。

勿論、スパルタックスやモアプレッシャーと同じ効果も得られます。そちらもご紹介しておきます。以下は当サイトのモアプレッシャーの記事から抜粋しました。

②姿勢が良くなる

着るだけで姿勢は良くなります♪

デスクワークをしていると、知らないうちに首と腕が前へ出ていき、どんどん姿勢が崩れていきますよね?僕もこの傾向が強く、気がつくと「めちゃくちゃな姿勢で仕事をしている」という事が多々ありました、泣。

そのためか自然に首が斜め前に突き出て肩も前に出る、いわゆる”巻き肩”の状態になっていたのですが、このシャツを着ていると、自然に胸を張った状態が維持できます。

逆に、姿勢を崩すと変な圧力がかかり、辛く感じます。良い姿勢を維持した方が心地よく感じるのです。これは、マッスルプレスの圧力がインナーマッスルに働きかけ、良い姿勢をサポートしてくれているためだと思います。

③集中力が高まる

長時間デスクワークを続けても正しい姿勢をキープできるので、集中力が高まります。

④スタイルが良くなったように見える

このシャツを着た状態を鏡で見ると、頭が身体の上にまっすぐのっており、首が長くなったように見えます。立った時の姿勢もシャンとするので目線が高くなり、背が伸び、スタイルが良くなったように感じます

モアプレッシャー(MORE PRESSURE)の紹介記事より

⑤着心地について

高い圧力がかかる分、
「長時間着用するのは難しいのではないか?」

と最初は少し心配していたのですが、特に問題ありませんでした。長時間の外出でも着用していますが、途中で苦しくなる事はありません。

確かにスパルタックスやモアプレッシャーと比べて高い圧力が体にかかっているとは感じますが、”締め付けられる”、”苦しい”というよりも、

しっかりとした力で体を正しい姿勢へ促してくれるという感覚

です。

特に、僕の場合は”巻き肩”で姿勢が悪くなる事を悩んでいるので、腕と胸部への高い圧力でそこをサポートしてくれるのが嬉しいです。

⑥お腹周りがめくれやすい

これは、加圧シャツに共通の欠点のようですが、お腹周りがめくれやすいです。

特にマッスルプレスの場合、着丈が短めなので、気づくとお腹周りがめくれてしまっている事があります。また、腹部にかかる力も胸部や腕に比べると弱めです。

これを防ぐため、僕はパンツの中に入れて着るようにしました。それ以降、特にめくれる事は無くなりましたが、

「パンツの中に入れるのはちょっと・・・」

と思う場合は、モアプレッシャー(MORE PRESSURE)などの着丈の長いシャツをお勧めします。

おわりに

マッスルプレスとマッスルプレスのパッケージ

如何でしたでしょうか。

今回は、着るだけでインナーマッスルを鍛えて体を引き締めてくれると話題の加圧シャツ、マッスルプレス(MUSCLE PRESS)についてお伝えしました。

マッスルプレスの特徴は、特に胸部と腕に強い圧力がかかる事です。その一方、腹部への圧力は弱めです。そのためか、高い加圧力を売りにしている割にはそこまで圧力が強いとは感じませんでした。

しかし、それでもスパルタックスやモアプレッシャーよりは加圧力は高めです。

また、同じように高い加圧力を売りにしている金剛筋シャツ程の加圧力は無いため、その分着心地は担保されています。

ある程度の加圧力は欲しいけれど「着心地も大切」と思う場合はマッスルプレスがお勧めです。

実は、最近外ではマッスルプレスを着る機会が増えました。外出時は疲れてもすぐにシャツを脱ぐ訳には行かないので、ある程度の着心地は重要です。僕の場合、金剛筋シャツなどは長時間着ていると少し疲れてしまいます。かといって、加圧シャツに慣れてきたためか、スパルタックスやモアプレッシャーでは少し物足りないんですよね。。

マッスルプレスは効果と着心地のバランスが上手く取れている製品と言えます。

>>>>公式販売サイトへ<<<<