【加圧シャツ比較】8種類のシャツを4視点で徹底評価|オススメはどれだ?!

加圧シャツ7種類加圧シャツ

着るだけでダイエット効果が望めると話題の加圧シャツ。加圧シャツは、着るだけで次のような効果を実感できます。

加圧シャツの主な効果

  1. 姿勢が良くなる
  2. 集中力が高まる
  3. 自然と胸を張った状態になり、スタイルが良くなる
  4. 着ているだけでトレーニング効果がある

これらは加圧シャツに共通の効果です。

でも、

日常生活に取り入れて少しづつ効果を出していきたい。あまり加圧力が強いと着続けていられるか心配だ・・。

スポーツジムのトレーニングで着用したい。加圧力が高いシャツで確実に効果を上げたい!

試しに着てみたい。高価な商品もあるようだか、最初は安いものが良い。でも、値段の差ってなんだろう?

このように、人に寄って加圧シャツの使い方は異なるし、同じ人が使う場合も利用シーンが異なれば別のシャツを選んだ方が用途にあっている場合もあります。加圧シャツはどの商品も見た目が似ているので、一見同じに見えますが、、

実は商品に寄って、

  • 素材の違い
  • 加圧力を優先
  • 着心地を優先

など、色々と特徴があります。

今回は筆者が今まで着てきた8種類のシャツを4つの項目で比較してみました。それぞれのシャツの特徴が掴めると思うので、使い方や利用シーンに合わせた加圧シャツ選びの参考にどうぞ♪

 

おすすめ加圧シャツ8種類【比較結果】

まずは、全体の比較結果を以下にまとめました。

加圧シャツ 総合比較表
No商品名加圧力 着心地素材   価格
(税込)
総合評価 
主要生地スパンデックス
配合率 
ゲルマニウム・
チタン・銀 配合
1ビダンザゴースト10.0
ややキツイテリレン82% 18%*5,292円
2ビダンザビースト9.0 ややキツイ テリレン82% 18%4,212円
3金剛筋シャツ
8.5 やや良い ナイロン80% 20%4,298円
4シックスチェンジ8.0 やや良い テリレン82% 18%4,298円
5マッスルプレス
タンクトップ
8.0 やや良い ナイロン83%
ナイロン85% 
17%
15%*
ー 4,298円
6マッスルプレス6.0 良いナイロン95% 5%4,298円
7モアプレッシャー5.0 良いナイロン95% 5%1,880円
8スパルタックス5.0 良いナイロン95% 5%1,798円

ビダンザゴーストは熱可逆性ポリウレタン配合(別生地の数字)
マッスルプレスタンクトップは女性用も販売、男女でスパンデックス配合率が異なる

商品名をクリックすると、該当するシャツの詳細説明へ飛びます。気になるシャツがあればチェックしてみて下さい♪

上から加圧力が高い順に並べています。

純粋に加圧力の高い順にランキングしています。上のシャツの方が総合的に優れていると言う事ではないですが、順番は加圧効果の目安にして下さい。

加圧力に加えて、着心地、素材、価格(コスパ)を加味した総合評価は表の右列、星の数を参考にして下さい。

比較の方法 評価の項目について

総合評価は加圧力、着心地、素材、価格(コスパ)を元に行っています。

加圧力

純粋に筆者が感じた加圧力の強さです。

個人的にビダンザゴーストが一番強いと思いますので、ビダンザゴーストの加圧力を10.0として他のシャツを評価しました。

着心地

あまり加圧力が高いと長時間着られないのではないか・・?

日常生活に加圧シャツを取り入れたいと考えているなら、着心地も気になりますよね?

着心地の目安
良い長時間着ていても気にならない。
日常生活に適している。(但し:効果は少)
やや良い慣れないうちは少しキツいが、慣れれば気にならない。
それなりの効果が実感できるうえ、日常生活でも使える。
ややキツイ慣れても少しキツさを感じる。
日常生活よりもトレーニングで使いたい人向。
但し、効果は最高レベルに実感できる!

基本的に着心地は加圧力に反比例します。

  • 加圧力を取るか?
  • 着心地を取るか?

用途や利用シーンに合わせ、どちらにするかの選択になります。

素材

こちらも加圧シャツ選びでは重要です。

スパンデックス配合率

スパンデックスとは、スポーツウェアなどに使用される伸縮性の高い弾性繊維の事です。ゴムほどの伸縮性を持ちながら高い耐久性を持ち、体へのフィット感を実現しています。(競泳水着にも良く使用されている)一般的にスパンデックスの配合率が高いシャツの方が加圧力が高く、値段も高価です。

スパンデックスの配合率に関しては金剛筋シャツが20%で1番です。

後述するように、加圧シャツには2種類の主要素材が存在するため、スパンデックス配合率だけで単純に加圧力を比較する事はできませんが、ひとつの目安になります。

主要生地

加圧シャツには大きく分けてナイロン製とテリレン製、2種類存在します。(テリレンは英国ICI社のポリエステルの商標)どちらを選ぶかで特徴は大きく変わります。

テリレンはナイロンに比べて伸縮性が低く、思いっきり引っ張ってもあまり伸びません。(そのため、テリレン製のシャツは大きめに作られている)その分ナイロン製のシャツに比べて着心地は劣りますが、加圧効果をよりガッツリと感じる事ができるのはテリレンのシャツです。

実際に上の表でも、加圧力上位はテリレン制のシャツが占めています。

ゲルマニウム・銀・チタンの配合

「発熱・疲労回復・臭い」対策の成分として配合されています。加圧シャツの圧力で体にかかる負荷への疲労回復や汗の臭い対策は嬉しいですが、気休め程度のような気もします(・_・;。

配合されていないよりは良いかな?

程度の認識で良いと思います。

価格

加圧シャツ 価格順
No商品名価格加圧力スパンデックス
配合率
1ビダンザゴースト5,292円10.0
18%*
2金剛筋シャツ4,298円8.5 20%
3シックスチェンジ4,298円8.0 18%
4マッスルプレス
タンクトップ
4,298円8.0 17%
15%*
5マッスルプレス4,298円6.0 5%
6ビダンザビースト4,212円9.0 18%
7モアプレッシャー1,880円5.0 5%
8スパルタックス1,798円5.0 5%

ビダンザゴーストは熱可逆性ポリウレタン配合(別生地の数字)
マッスルプレスタンクトップは女性用も販売、男女でスパンデックス配合率が異なる

こちらの表は、ご紹介する加圧シャツを価格順に並べたものです。一般的にスパンデックスの配合率が高いシャツの方が加圧力が高く、値段も高価です。価格が安い物はスパンデックスの配合率を抑えており、加圧力は控えめです。

おすすめ加圧シャツ8種類【個別ランキング】

ここからは、当サイトでオススメしてきた8種類の加圧シャツ、1つ1つの詳細をお伝えします。詳細を比較すると、それぞれのシャツの特徴がより鮮明になると思います。

加圧シャツのランキング順は上の比較表と同様、加圧力が高い順です。

1.ビダンザゴースト

4

ビダンザゴーストのシャツ(表)ビダンザゴースト(裏地)ビダンザゴーストの着用(斜め横)

ビダンザゴーストは2017年に発売された比較的新しい加圧シャツです。熱可逆性ポリウレタンを採用ており、今までの加圧シャツには無い発汗機能を備えています。(※熱可逆性ポリウレタンはサウナスーツにも使われる保温性の高い素材)

実際にビダンザゴーストの裏地を確認すると、なんとなくサウナスーツを連想させる雰囲気で、今までの加圧シャツとは別物である事はパッと見で分かります。着用中は体が温かくなるので、寒い時期には防寒着としても利用できます。

加圧シャツ本来の機能、加圧力は最高レベルです。(今まで筆者が着た中で1番!)良くできた商品なのでトレーニング用に1枚持っていても損はありません。

加圧力10.0/10.0
最高レベル!
スパンデックス
配合率
18%
着心地ややキツイ色(カラー)
主要生地テリレン82%税込価格5,292円+送料
備考ゲルマニウム・銀・チタン配合無し、業界初の発汗機能あり
レビュービダンザゴーストの詳細>
【大幅値下げ】5292円 ⇒ 4212円

2.ビダンザビースト

4

ダンボール箱を開封した様子ビダンザビーストのシャツ(前側)ビダンザビースト着用(斜め正面)

ビダンザビーストはビダンザゴーストの姉妹シャツです。

主要生地はテリレンで、加圧力は純粋な加圧シャツの中では最高峰です。それまで加圧シャツでは金剛筋シャツが圧倒的な加圧力を誇っているものだと思っていましたが、ビダンザビーストを着てからその考えは変わりました。

金剛筋シャツもかなりのものですが、ナイロンを主要生地としているため程良い伸縮性があり、加圧効果では伸縮しにくいビダンザビーストの方に軍配があがります。スポーツジム等、トレーニングで加圧シャツを活用したいなら、ビダンザビースト(or ゴースト)がオススメです。

テリレンの「スベスベ」「ツルツル」とした質感も特徴的です。また、ビダンザゴーストに備わっている発汗機能もありませんので、夏場はこちらの方がオススメです。

加圧力9.0/10.0スパンデックス
配合率
18%
着心地ややキツイ色(カラー)
主要生地テリレン82%税込価格4,212円+送料
備考ゲルマニウム・銀・チタン配合
レビュービダンザビーストの詳細>
↑【加圧最強】VIDAN公式

3.金剛筋シャツ

4.5

金剛筋シャツのパッケージ金剛筋シャツと普通のTシャツの大きさ比較金剛筋シャツ着用
金剛筋シャツも加圧力が高い事で有名です。

スパンデックス配合率は20%で加圧シャツの中でトップ!

また、大きさは加圧シャツの中で1番小さく、一見すると幼児のシャツのようです。僕もはじめて見た時は「本当にこれは着られるのか!?」と不安になりました。

しかし、ナイロンを主要生地としているのと、高配合のスパンデックスにより伸縮性が高く、非常に良く伸び縮みするので安心して下さい。着用中も体の動きに合わせて伸縮するので、体が動かしやすく、高い加圧力と着心地のバランスが良く取れた商品だと感じます。

加圧力8.5/10.0スパンデックス
配合率
20%
着心地やや良い色(カラー)白、黒
主要生地ナイロン80%税込価格4,298円+送料
備考ゲルマニウム・銀・チタン配合無し
レビュー金剛筋シャツの詳細>
↑公式サイトはコチラ

4.シックスチェンジ

4.5

シックスチェンジのシャツ(前袖)シックスチェンジ着用の様子

シックスチェンジも金剛筋シャツに負けず劣らずの高い加圧力を誇っています。

ただ、同じテリレン製のビダンザビーストと比べると、その加圧力は控えめです。ビダンザビーストより「ゆったり」と着られるので、長時間着ていても疲れにくいです。また、スポーツジムなどで1枚で過ごしていても違和感を感じないデザインをしており、バランスのとれた商品です。

テリレン製の加圧シャツを選ぶ際は、がっつり加圧重視ならばビダンザビースト。少しゆったり、日常生活中心で着たいならシックスチェンジがお勧めです。

僕はシックスチェンジのスベスベの感触が好きな事もあり、適度な加圧力、デザイン、手触り、名前のカッコ良さなど、個人的な事を言うとシックスチェンジが1番気に入っています。

加圧力8.0/10.0スパンデックス
配合率
18%
着心地やや良い色(カラー)黒、ベージュ
主要生地テリレン82%税込価格4,298円+送料
備考ゲルマニウム・銀・チタン配合
レビューシックスチェンジの詳細>
↑ツルツル、スベスベのの肌触り

5.マッスルプレス タンクトップ

4.5

マッスルプレスタンクトップと箱マッスルプレスタンクトップ(加圧ラインのアップ)マッスルプレスタンクトップ(ジャージ下に着用)

マッスルプレスタンクトップは、この中で唯一のタンクトップタイプです。

袖(そで)が無いため、

  • 肩回りの自由が利き、長時間デスクワーク・日常生活を送りやすい
  • 上がTシャツ1枚でも目立たないので、夏場の着用に適している

など、通常の袖付きの加圧シャツには無い利点があります。

肩や胸部にかかる圧力は一般の加圧シャツに比べて控えめですが、腹筋に沿って入っている加圧ラインが「腹部・腰回り」をかなり強力な力でサポートし、体の軸から姿勢を整えます!

また、ここに載せている商品は基本的に全て男性向ですが、マッスルプレスタンクトップだけは男女それぞれの体に合わせ、男性用と女性用で商品を分けて販売しています。そのため、女性の方も安心して購入頂けます。

スパンデックス配合率も男性用17%、女性用15%と高水準で、強い加圧力を実現しています。

加圧力8.0/10.0スパンデックス
配合率
男17%
女15%
着心地やや良い色(カラー)ブラック、ホワイト
主要生地ナイロン(男83%,女85%)税込価格4,298円+送料
備考ゲルマニウム・銀・チタン配合無し
レビューマッスルプレスタンクトップの詳細>
↑肩回りの自由が魅力!

6.マッスルプレス

3

マッスルプレスのパッケージマッスルプレスとマッスルプレスのパッケージマッスルプレス着用の様子

マッスルプレスは胸部と腕に高い圧力がかかるため、肩が強い力で後ろへ引っ張られ、楽に胸を張った状態を維持する事ができます。

ただし、金剛筋シャツやシックスチェンジと比べて加圧力は控えめです。また、加圧力の強さを売りにしている割に、スパンデックスの配合率も5%(スパルタックスやモアプレッシャーと同じ配合率)と少なく、お腹周りの圧力も弱めです。

着心地は良く、外出時に長時間着用していても疲れません。また、カラーバリエーションが豊富でブラック、ホワイト、グレー、ネイビー、レッドの5色から選べます。(物は悪くないのですが、加圧力の割に価格が少し高めだと思います。)

加圧力6.0/10.0スパンデックス
配合率
5%
着心地良い色(カラー)5色
主要生地ナイロン95%税込価格4,298円+送料
備考ゲルマニウム・銀・チタン配合無し
レビューマッスルプレスの詳細>
↑公式サイトはコチラ

7.モアプレッシャー

3.5

モアプレッシャーのパッケージテーブルの上に置かれたモアプレッシャーのシャツモアプレッシャー着用(丈が長い様子)

モアプレッシャーは加圧力を控え、着心地を重視しています。

また着丈が長いため、伸ばすと腰までスッポリと覆われ、お腹周りもしっかりと加圧されるのが特徴です。シャツ1枚で腰までサポートできるので、上半身がより安定します。

加圧シャツは体にピッタリとフィットするので、長時間着ているうちにお腹周りが次第にめくれてきてしまう事があります。モアプレッシャーなら着丈が長いため、この心配もありません。

カラーバリエーションも豊富で白、黒、ネイビー、グレーの4色から選べます。

加圧力5.0/10.0スパンデックス
配合率
5%
着心地良い色(カラー)4色
主要生地ナイロン95%税込価格1,880円+送料
備考ゲルマニウム・銀・チタン配合
レビューモアプレッシャーの詳細>

8.スパルタックス

4

スパルタックスのパッケージスパルタックスのシャツスパルタックス着用の様子

スパルタックスも体にかかる圧力を適度に抑え、着心地を優先しているのが特徴です。

日常生活の中で利用し、徐々に効果を上げていきたいと考えている人にお勧めです。デザインも普通のシャツの下に着ても見えにくく、肌着として使用するのに適しています。

加圧力を適度に抑えているため体感できる効果は控えめですが、適度な力が胸、腹、背中に満遍なく働き、姿勢が崩れるのを防ぎます。初めて加圧シャツを着るのであれば「体に圧力がかかっている!」という感覚は十分に感じる事ができるでしょう。

しかし、高い加圧力を求めるのであれば、次第に物足りなく感じるかもしれません。

価格はAmazonで1枚1,980円(税込)。また、カラーバリエーションも豊富で、白、黒、ネイビー、赤、アクアブルーの5色が用意されています。

加圧力5.0/10.0スパンデックス
配合率
5%
着心地良い色(カラー)5色
主要生地ナイロン95%税込価格1,980円
備考ゲルマニウム・銀・チタン配合
レビュースパルタックスの詳細>
35万枚記念セール:1,980円 → 1,588円

おわりに

如何でしたでしょうか。

今回は8種類の加圧シャツを比較してみました。

それぞれのシャツの特徴は掴んで頂けたのではないでしょうか?

総合評価は筆者の主観ではあるものの、大分細かくレビューして自分なりにしっかりと評価はしたつもりなので、実態と大きくズレていると言う事はないと思います。

是非、加圧シャツを選ぶ時の参考にして下さい(^ ^)。

↓商品名をクリックすると、該当するシャツの公式サイトへ飛びます。気になるシャツがあればチェックしてみて下さい♪
加圧シャツ 総合比較表
No商品名加圧力 着心地素材   価格
(税込)
総合評価 
主要生地スパンデックス
配合率 
ゲルマニウム・
チタン・銀 配合
1ビダンザゴースト10.0
ややキツイテリレン82% 18%5,292円 
2ビダンザビースト9.0 ややキツイ テリレン82% 18%4,212円
3金剛筋シャツ8.5 やや良い ナイロン80% 20%4,298円 
4シックスチェンジ8.0 やや良い テリレン82% 18%4,298円 
5マッスルプレス
タンクトップ
8.0 やや良い ナイロン83%
ナイロン85% 
17%
15%*
4,298円
6マッスルプレス6.0 良いナイロン95% 5%4,298円 
7モアプレッシャー5.0 良いナイロン95% 5%1,880円
8スパルタックス5.0 良いナイロン95% 5%1,798円
\他に無い発汗機能!/
\スベスベの肌触り!/
SIX-CANGE

コメント