加圧シャツで姿勢を正し集中力アップ|5種類のシャツで効果を比較!

加圧シャツの姿勢矯正と集中力アップの効果

5種類の加圧シャツのパッケージ一式

こんにちは!

加圧シャツと言えば、着るだけでトレーニングの効果があり、体を引き締めてくれると話題です。僕もその手軽さと効果に魅了され、今まで色々な加圧シャツを試してきました。

当サイトでも今まで、

  1. スパルタックス
  2. モアプレッシャー
  3. マッスルプレス
  4. 金剛筋シャツ
  5. シックスチェンジ

と、5種類の加圧シャツをレビューしてきました。

加圧シャツは「体を引き締め」たり「痩せる」などのトレーニング効果を第1の目的に作られているので、その点にフォーカスが当たりがちですが、他にも注目すべき効果があります。

それは姿勢が正される事」と「集中力の向上です。

ところで、この加圧シャツの第1の目的、トレーニング効果については諸説ありますよね?さすがに着るだけで腹筋がバキバキに割れると信じている人は少ないでしょうが、ネット上では、

・着ているだけで痩せた!
・着るだけで加圧トレーニングの効果はある!
・着ながら筋トレをすると効果的!
・全然効果が無い。。

など、色々な事が言われています。

それぞれの真偽については僕もまだ判断しかねているのですが、

姿勢が正される」、「集中力の向上

この2点については5種類の加圧シャツをレビューした者として、自信と責任を持って効果があった!と、お伝えします。

そこで今回は、加圧シャツを着た時の「姿勢矯正効果」と「集中力」という、本来の目的とは少し違う視点から加圧シャツをご紹介したいと思います。

加圧シャツのトレーニング効果について懐疑的という訳ではありません。実際に金剛筋シャツなどで外出をすると普段よりも疲れやすいですし、効果は多少あるのだと思います。
また、着ながら筋トレをしたり、しっかり毎日着用すれば目だった効果も得られるのかもしれません。筆者はまだこのような使い方をしていないため、体が引き締まる点については、現時点で自信を持って「効果があった!」とお伝えする事ができないと言う事です。

加圧シャツによる「姿勢矯正効果」

金剛筋シャツ 着用前と着用後

加圧シャツは、着るだけで姿勢を正してくれます

逆に加圧シャツを着た状態で姿勢を崩すと、体に変な圧力がかかり、辛く感じます。良い姿勢を維持した方が心地よく感じるのです。これは、加圧シャツがインナーマッスル(体幹)に働きかけ、良い姿勢をサポートしてくれるためです。

僕はデスクワークなどでは知らないうちに首と肩がどんどん前へ出ていってしまいます。そのため、普段から首が斜め前に突き出て肩も前に出る、いわゆる”巻き肩”の状態なのですが、加圧シャツを着ると、自然に胸を張った状態が維持できます

また、姿勢の矯正により、スタイルも良くなったように見えます

シャツを着た状態を鏡で見ると、頭が身体の上にまっすぐのっており、首が長くなったように見えます。立った時の姿勢もシャンとするので目線が高くなり、背が伸び、スタイルが良くなったように感じます。

加圧シャツで「集中力アップ」

加圧シャツは自然に体を正しい姿勢へと促してくれるので、集中力アップに効果的です。

仕事中にどんどん姿勢が崩れていくと言う事はないでしょうか?

上でも書きましたが、僕もこの傾向が強く、気がつくと「めちゃくちゃな姿勢で仕事をしている」という事が過去に多々ありました、泣。

姿勢の乱れは、

  • 自律神経の乱れ
  • 呼吸が浅くなる
  • 首、肩に負担がかかる

など、
様々な悪影響を生み出し、集中力の低下を招きます。

しかし、加圧シャツを着ていれば自然と正しい姿勢を維持できるので、長時間のデスクワークでも姿勢が乱れず、集中力が持続します。

加圧シャツの紹介

加圧シャツには様々な種類があり、市場には色々な製品が出回っています。

ここでは僕が今まで着てきた加圧シャツを、「姿勢矯正効果」と「集中力アップ」の視点を中心にご紹介します。加圧力が抑えられているものから高いものまで保有していますが、それぞれ自宅用や外出用と使い分けをしています。

 スパルタックス(SPALTAX)

スパルタックスのパッケージスパルタックスのシャツスパルタックス着用の様子

価格1,798円(税込)AMAZONで購入した場合
生地:ナイロン95%(スパンデックス配合率5%)
ゲルマニウム・チタン・銀配合
姿勢矯正効果評価星3つ
集中力アップ評価星3つ
総合評価  :評価星3つ半

スパルタックスは加圧力を控えめにし、着心地に重きを置いています。また、比較的デザインも良く、価格も低く抑えられています。

価格が抑えられている割には、「発熱・疲労回復・臭い」対策として「ゲルマニウム・チタン・銀」が配合されているのは嬉しいポイントですね。

着心地が良く、長時間の着用に適しているので肌着として使用し、少しずつ効果を上げていきたい人にお勧めです。また、加圧力は抑えられていますが、加圧シャツをはじめて着るのなら、十分な姿勢矯正効果は実感できると思います。

価格が安い割にはしっかりと造られている印象があります。

モアプレッシャー(MORE PRESSURE)

モアプレッシャーのパッケージテーブルの上に置かれたモアプレッシャーのシャツモアプレッシャー着用(丈が長い様子)

価格1,880円(税込)
生地:ナイロン95%(スパンデックス配合率5%)
ゲルマニウム・チタン・銀配合
姿勢矯正効果評価星3つ半
集中力アップ評価星3つ
総合評価  :評価星3つ半

モアプレッシャーもスパルタックスと同様に加圧力と価格を抑えた着心地重視の加圧シャツです。

特徴的なのは着丈が長く、下まで伸ばすと腰周りまでスッポリと覆われる事(上の写真も参考にして下さい)です。丈が長いので、お腹周りをしっかりと加圧してくれるうえ、「めくれやすい」という加圧シャツに多い欠点も克服しています。

加圧の強さはスパルタックスと殆ど差はありませんが、お腹周りがしっかり加圧される点を加味し、「姿勢矯正効果」はスパルタックスよりも星が半分多い星3.5つとしました。

マッスルプレス(MUSCLE PRESS)

マッスルプレスのパッケージマッスルプレスとマッスルプレスのパッケージマッスルプレス着用の様子

価格4,298円(税込)
生地:ナイロン95%(スパンデックス配合率5%)
姿勢矯正効果評価星3つ半
集中力アップ評価星4つ
総合評価  :評価星3つ

スパルタックスやモアプレッシャーとは異なり、高い加圧力を売りにしています。

しかし、スパンデックスの配合率は5%と、スパルタックスやモアプレッシャーと変わりません。(加圧力はスパンデックスの配合率だけで決まるものではなく、あくまで一つの指標)

価格も高めの設定ですが、「発熱・疲労回復・臭い」対策として「ゲルマニウム・チタン・銀」が配合されていないのもちょっと残念です。

但し、スパルタックスやモアプレッシャーに比べれば加圧力は強めです。特に胸部と腕にかかる圧力が高く、肩が強い力で後ろへ引っ張られている感じがします。肩が前に出て行ってしまうのを強い力で矯正してくれるので、自然に胸を張った状態を維持できます。

その一方、腹部にかかる圧力には物足りなさを感じるかもしれません。腹部にかかる圧力が弱いため、めくれやすいのも欠点です。

胸部と腕にかかる力は強いため「集中力アップ」には効果的です!

金剛筋シャツ

金剛筋シャツのパッケージ金剛筋シャツ金剛筋シャツの着用

価格4,298円(税込)
生地:ナイロン80%(スパンデックス配合率20%
姿勢矯正効果評価星5つ
集中力アップ評価星5つ
総合評価  :評価星4つ

金剛筋シャツは、僕が今まで着た加圧シャツの中で最も加圧力が高いです。

全身に満遍なく強い力がかかります。モアプレッシャーのように着丈が長い訳でもないのですが、お腹周りもしっかりと加圧され、めくれる心配はありません。

それ故、姿勢矯正効果、集中力アップに最も効果的な加圧シャツです。金剛筋シャツを着ていると姿勢を崩すことすら難しく感じます、笑。

これを可能にしているのは、スパンデックスの配合率20%と言う驚異的な数字です。これは上で紹介してきたスパルタックス、モアプレッシャー、マッスルプレスの4倍です!

加圧力が強いため、長時間着て動いていると途中で疲れてしまう事もあるので、筆者は主に自宅用として着用しています。

シックスチェンジ(SIX-CHANGE)

シックスチェンジのシャツ(前袖)シックスチェンジ着用の様子
価格:4,298円(税込)
生地:テリレン82%(スパンデックス配合率18%
ゲルマニウム・チタン・銀配合
姿勢矯正効果:評価星4つ半
集中力アップ:評価星4つ半
総合評価  :評価星4つ半

シックスチェンジの加圧力も金剛筋シャツに負けず劣らず、着ると全身に強い圧力がかかります。こちらのシャツもスパンデックス配合率が18%と、かなり高い割合でスパンデックスを配合しています。

それ故、姿勢矯正、集中力アップの効果は大きいです。

また、他のシャツがナイロン製なのに対して、シックスチェンジの主要生地はテリレン(英国ICI社のポリエステルの商標)で、これも大きな特徴となっています。質感も他のシャツがサラサラとしているのに対し、シックスチェンジは触るとスベスベとしています。

加圧力の高さ、デザイン、手触り、名前のカッコ良さなど、総合的に筆者がいま最も気に入っている加圧シャツです。

【補足】スパンデックスの配合率について

スパンデックス

加圧シャツは大きく、

  • 加圧力を適度に抑え、着心地や価格を優先しているもの
  • 加圧力を上げ、高い効果を優先しているもの

に分けられます。

加圧力を判断する際、一つの指標となるのがスパンデックスの配合率です。

スパンデックスとは、スポーツウェアなどに使用されている伸縮性の高い弾性繊維の事なのですが、ゴムほどの伸縮性を持ちながら高い耐久性を持ち、体への高いフィット感を実現しているのだそうです。

一般的にスパンデックスの配合率が高いシャツの方が加圧力が高く、値段も高価です。

加圧力が高い方が姿勢矯正効果は高く、集中力の向上も見込めます。
一方で、着心地と値段を優先するのであれば、加圧力を落としたものがお勧めです。最初は加圧力が低めのシャツを試してみて、徐々に高いものへシフトして行くのも良いかもしれません。
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大