シックスチェンジ(SIX-CHANGE)徹底レビュー|特徴と効果を詳しく解説!

シックスチェンジの箱
こんにちは!

着るだけでトレーニング効果があり、体を引き締めてくれると話題の加圧シャツですが、僕もその手軽さと効果にハマり、今までに色々な加圧シャツを試してきました。

当サイトでも、

  1. スパルタックス
  2. モアプレッシャー
  3. マッスルプレス
  4. 金剛筋シャツ
  5. ビダンザビースト(※201802追加!

と、5種類の加圧シャツをそれぞれレビューし、ご紹介しています。

今日は久々に買った新しい加圧シャツ、シックスチェンジ(SIX-CHANGE)の着用の様子をレビューし、効果についてもお伝えします

シックスチェンジ(SIX-CHANGE)購入の経緯

僕は5種類の加圧シャツ、それぞれを1枚ずつ保有しているのですが、外出する際は主にスパルタックス、モアプレッシャー、そしてマッスルプレスを着回しています。

金剛筋シャツは加圧力が強すぎて、以前外で着ていた時に途中で疲れを感じてしまったため、しばらく外出時の着用は控えていました。ただ、加圧力の強いシャツは高い「姿勢矯正効果」や「集中力アップ」が望めるので、自宅では金剛筋シャツを積極的に着用しています。

最近は強い加圧力にも慣れてきたので、そろそろ金剛筋シャツで外出の再デビューを果たそうと思っており、洗濯に備えてもう1枚買い足そうかと考えていました。

しかし、加圧シャツには本当に色々な商品があります。

そこで、同じものを買い足すよりも、

折角買うなら別の商品を試してみた方が面白いかな・・?

と思い、

他に金剛筋シャツの替わりになるくらい加圧力の強い商品はないものか?

とリサーチした結果、

シックスチェンジ(SIX-CHANGE)を見つけました!

【購入の決め手】
後述しますが、シックスチェンジはスパンデックス配合率が18%と高いため、訴求しているとおりの高い加圧力が期待できそうだと思いました。
また、今まで購入した4種類の加圧シャツの主要生地がナイロンであるのに対し、シックスチェンジの主要生地はテリレン(英国ICI社のポリエステルの商標)なので、今までとは違う感触が味わえそうだった点もポイントでした。

公式 加圧式トレーニングインナー【SIX-CHANGE】

シックスチェンジ(SIX-CHANGE)のレビュー

では、ここからはシックスチェンジの開封と着用の様子をご紹介します!

①シックスチェンジの開封


公式サイトから注文をすると、上のようなダンボール箱で佐川急便から届けられます。

今回は注文した際「お届け指定日」を設定し忘れてしまったのですが、電話でその旨を伝えると、快く対応してくれました。

シックスチェンジの箱とシャツ
ダンボール箱を開けるとシックスチェンジの入った箱が出てきます。

加圧シャツはビニール袋にそのままパッケージデザインが施されている製品が多いのですが、割としっかりとした箱に入っているという印象を受けました。

 シックスチェンジのシャツ(前)シックスチェンジのシャツ(前)シックスチェンジのシャツ(前袖)

こちらは箱から出してシャツを広げた様子です。

画像を拡大して頂くと、前と後ろ(背中側)、ともにシャツにラインが入っているのがお分かり頂けると思います。これを加圧ラインと呼ぶらしく、これにより体への全方位からの加圧が可能となっているそうです。

また、袖が長いのも特徴的です。

腕もしっかり加圧してくれそうです(^ ^)。

②シックスチェンジの着用

シックスチェンジの着用

こちらが着用の様子です。

着脱については、今まで何回も加圧シャツを着ているので、あまり手間取りませんでした。

もちろん、普通のシャツを着る時よりは大変なので、加圧シャツが初めての場合は少し手間かも知れません^^;

ナイロン製の加圧シャツとの違い

今まで着た加圧シャツは全てナイロン製なのですが、シックスチェンジの主要生地はテリレン(ポリエステル)です。

素材の違いは着脱の際にも感じました。

ナイロン製の加圧シャツは思いっきり引き伸ばした後、体に「ピタッ!」とフィットし、圧力がかかります。

一方、ポリエステルはナイロンに比べて伸縮性が低いため、少し引き伸ばすのにも力が必要です。力を使ってもナイロン製のものと比べて伸びないのと、あまり引き伸ばしてから着ていない割に、着た直後に高い圧力がかかります。

従って、シックスチェンジはナイロン製の加圧シャツと比べ少し大きめで、一見するとゆったりと作られているように見えます。(一見です、笑!

加圧力

しかし、実際に着た時の加圧力はかなりのものでした

胸部腹部背中、全ての部位に高い圧力がかかっていると感じます。袖が長いため、上腕がしっかりと加圧されるのも特徴的です。

デザインと肌触り

シックスチェンジ着用の様子
こちらは正面、胸の部分です。

首は浅いVネックになっています。

また、袖(そで)は肘(ひじ)付近までの長さがあり、上腕もしっかりと加圧されます。

シックスチェンジの上に黒のTシャツ
その一方、Tシャツの下に着ると袖の部分が思いっきり外にはみ出てしまいます(・_・;。。

金剛筋シャツのように少しはみ出す程度ならカッコ良く見えるのですが、個人的にこれは出過ぎな気がします。上がTシャツ1枚の時は着るのを控えようと思いました。

上のそれぞれの画像の雰囲気からもお分かり頂けたと思いますが、シックスチェンジの質感はスベスベで、さわり心地はツルツルです。これも今まで着てきたナイロン製の加圧シャツのサラサラとした質感と異なります。

サラサラよりもスベスベの質感がお好みなら、シックスチェンジがお勧めです!

公式 加圧式トレーニングインナー【SIX-CHANGE】

期待どおりの高い加圧力!

冒頭でも記載しましたが、
今回シックスチェンジに期待したのは、加圧力の強さです。

実際に着てみると、胸部、腹部、背中、腕、全身に高い圧力がかかる事が分かり、期待通りでした。

シックスチェンジの主要生地にはテリレンが使用されているため、単純にナイロン製の金剛筋シャツと比較はできないのですが、

総合的な加圧力は金剛筋シャツよりもやや控えめかな?

という気がしました。

それでも、それなりにしっかりと加圧されます

また、テリレン(ポリエステル)はナイロンと比べて伸縮しにくい素材のため、腕や肩など動かす機会が多い部位には金剛筋シャツよりも強い圧力を感じました

全身しっかりと加圧されるため、「姿勢矯正」と「集中力アップ」の効果もバッチリです!

シックスチェンジのスパンデックスの配合率は18%!

シックスチェンジの生地

加圧シャツの加圧力を判断する際に、指標の1つとなるのがスパンデックスの配合率です。

スパンデックスとは、スポーツウェアなどに使用されている伸縮性の高い弾性繊維の事なのですが、ゴムほどの伸縮性を持ちながら高い耐久性を持ち、体への高いフィット感を実現しています。

一般的にスパンデックスの配合率が高いシャツの方が加圧力が高く、値段も高価です。

以下は、僕が今までレビューしてきた加圧シャツのスパンデックス配合率の一覧です。

No 加圧シャツ商品名 スパンデックス配合率
1 スパルタックス 5%
2 モアプレッシャー 5%
3 マッスルプレス 5%
4 金剛筋シャツ 20%
5 シックスチェンジ 18%
6 ビダンザビースト 18%

シックスチェンジのスパンデックス配合率は18%です。

僕がリサーチした範囲では、スパンデックス配合率が20%を超える商品は見つける事ができませんでした。また、配合率20%というのも金剛筋シャツ以外には見当たりません。よって、18%というのはかなり高い部類です。

おわりに

如何でしたでしょうか?

今回は加圧シャツ、シックスチェンジ(SIX-CHANGE)についてお伝えしました。

冒頭でもお伝えしましたが、今回シックスチェンジを選んだのは、

  1. 加圧力がしっかりしていそうだった。
  2. テリレン製なので、違う質感が楽しめそうだった。

の2点が大きいです。

こちらはいずれも期待通りでした。

そして実はもう一点、名前がカッコ良くて目を引いたと言うのがあります、笑。

シックスチェンジ(SIX-CHANGE)と聞くと、腹筋が割れてシックスパックへ変化していく様子が連想できるし、「シックス」と「チェンジ」の音の組み合わせも絶妙で、名前の響きも良いですよね(^ ^)??

効果が全く同じだとしても、カッコイイ名前の商品を使っている方が気持ちが良いですし、効果も上がるような気がします。(←僕だけですかね(・_・;?)

知名度はまだあまりありませんが、今回レビューしてみた結果、作りもしっかりしていて魅力的な商品です

名前負けしていません、笑。

筆者は近々、金剛筋シャツとシックスチェンジで外出デビューを果たそうと思っています!

シックスチェンジの価格

シックスチェンジの価格は以下のとおりです。

購入方法 価格(税抜) 備考
1枚購入 3,980円 別途送料700円
3枚セット 11,480円 送料無料
4枚セット 15,200円 送料無料
5枚セット 18,350円 送料無料
6枚(+1)セット 21,700円 送料無料
1枚プレゼント

3枚以上購入すると、700円の送料が無料になります。

万が一商品がイメージと合わなかった場合も、商品到着から10日以内であれば返金保証を受ける事ができるようなので安心です。

気になったら公式サイトをチェックしてみて下さい!

公式サイトはコチラ☟
【SIX-CHANGE】