MTGのSIXPAD|公式アプリの使い方と機能を分かりやすく解説

SIXPAD公式アプリの使い方と機能

机の上のスマートフォン

2017年の4月に発売された新シリーズのSIXPADはBluetoothを搭載しており、スマートフォンと連携させる事が可能になりました。

SIXPADの公式アプリを利用すれば、スマートフォンからSIXPAD本体を操作する事はもちろん、日々のトレーニングを記録し、筋トレの成果を可視化することができます。また、毎回トレーニング終了時には色々な有識者からアドバイスが貰え、トレーニングの参考にする事もできます。

このように、公式アプリを利用すればより便利に楽しくトレーニングを行うことができますので、はじめてSIXPADでトレーニングを行う前に、お持ちのスマートフォンにSIXPADの公式アプリをインストールしておきましょう。

この記事では、スマートフォン用のSIXPAD公式アプリの使い方と機能をご紹介します。

SIXPAD公式アプリの使い方

SIXPADの公式アプリを使う時の流れを、Abs Beltの例で紹介します。

アプリ画面の画像が少し小さくて申し訳ないです。お手数ですが、必要に応じクリックで拡大下さいませm(_ _)m。

①新規登録

ログイン画面新規登録画面1新規登録画面2新規登録確認画面

SIXPADの公式アプリを起動すると、最初に「ログイン画面」が表示されます。

  1. はじめての時は”新規登録”を選んで「新規登録画面」へ進む。
  2. 「新規登録画面」では必要事項の記入、プライバシーポリシーへの同意を行う。
  3. 「2.」が終わったら”登録する”を選んで確認画面へ進む。
  4. 「確認画面」で登録内容を確認し、問題なければ登録を行う。

”登録せずにトレーニング”を行うこともできますが、登録しておくと各部位のレベル設定の保存やトレーニングの回数を管理できます。また、mp(マッスルポイント)と呼ばれるポイントを溜めることもできますので、登録はしておいた方が良いでしょう。

②使い方 接続からトレーニング終了まで

②-1、SIXPADとスマートフォンを接続する

ホーム画面デバイス確認画面デバイス接続画面接続完了画面

次に、SIXPADとスマートフォンを接続します。

  1. 登録が完了すると自分の「ホーム画面」が表示されるので、”TRAINING”を選ぶ。
  2. SIXPADの電源を入れて、”デバイスを認識する”を選ぶ。
  3. Bluetoothのペアリング要求が表示されるので、”ペアリング”を選択する。
  4. ”装着が確認できました”と表示され、画面の中央に接続したSIXPADが表示される。

画面の中央に表示されたSIXPADの下には電池の残量ゲージが表示されるので、トレーニングの前に充電が必要かどうかの確認ができます。

②-2、トレーニングの部位選択とレベルの調整

SIXPAD公式APPのAbs設定SIXPAD公式APPのWaist設定

SIXPADの接続が完了したら、トレーニングの部位を選択し、部位毎にトレーニングのレベルを設定します。

  1. 装着したSIXPADに電流が流れるので、電流が流れた場所をタップして部位を選択。
  2. トレーニング部位の選択後にレベルを設定する。
  3. 「1.」「2.」を部位毎に行う。

こちらでは、Abs Beltを例にしています。Abs Beltは腹筋の正面(Abs)とウェスト(Waist)の部分を鍛えるマシンですので、上の画面では2つの部位の選択と、それぞれのレベル設定を行っています。

部位のトレーニングレベルは、1度設定すると保存されます。2回目以降はレベルを変更したい時にだけ調整できます。

②-3、トレーニング

トレーニング開始画面トレーニング画面トレーニング中レベル設定トレーニング中レベル変更画面

トレーニング部位とレベルの設定が完了したら、トレーニングを開始します。

  1. ”START TRAINING”を選択してトレーニングをスタートする。
  2. トレーニング中は「トレーニング画面」で部位残り時間が確認できる。
  3. トレーニング中でもレベルの変更は可能。
  4. 上の画像はトレーニングレベル5→3へ変更した際の例。

②-4、トレーニング終了

マッスルポイント

SIXPADでのトレーニングは1日1回23分までと決められています。

  • 23分経過すると画面が切り替わり、mp(マッスルポイント)が溜まる。
  • SIXPAD本体の電源が自動的に落ちる。

SIXPADの公式アプリでできること(機能)

次に、SIXPADの公式アプリでできる事を紹介します。

複数のSIXPADと同時接続が可能

SIXPADの公式アプリでは、最大6台までのSIXPADと通信することができます。

つまり、複数のSIXPADを身体に装着した場合、全てを同時に操作しながらトレーニングを行う事ができます。トレーニングの開始と終了のタイミングも全てのSIXPADで揃いますので、複数台所有している人には嬉しい機能です。

上の画像はAbs Beltを1台、Body Fit2を2台の計3台のSIXPADを装着した際の例です。

  1. 画面の中央にスマートフォンと接続したSIXPADが表示される。
  2. 装着したSIXPADに電流が流れるので、電流が流れた場所をタップして部位を選択。
  3. 「2.」を1台づつ順番に行う。

ボディフィット2(腕のトレーニング中画面)ボディフィット2(脚のトレーニング中画面)

トレーニング中は、「トレーニング画面」で部位と残り時間の確認ができます。

この例では、トレーニング部位に”右腕”、”腹筋の正面”、”ウエスト”、”脚”を選択していますので、それぞれの部位の表示が一定時間で切り替わりながらトレーニングが進んでいきます。

各部位のレベルの調整と設定の保存

トレーニング中レベル設定

トレーニングを行う各部位のレベルは、トレーニング開始前トレーニング中に設定することができます。

また、一度設定したトレーニングレベルは部位毎に保存されますので、毎回設定する必要はありません。レベルの変更を行いたい場合にだけ調整を行えば良いです。

自動的にトレーニング終了

トレーニング終了画面

トレーニング開始から23分が経過すると、”トレーニングを完了しました”とメッセージが表示され、トレーニングが自動的に終了します。この時、SIXPADの電源も一緒に落ちます

有識者コメント

SIXPADアドバイス森谷氏SIXPADアドバイス渡邊氏SIXPADアドバイスエドワーズ氏SIXPADアドバイス松平氏

このアプリを利用していると、毎回トレーニングの終了時に京都大学の森谷名誉教授(EMS研究暦40年以上の権威の先生)やSIXPADの広告塔、クリスティアーノ・ロナウド選手をはじめとした様々な有識者からのアドバイスを参照する事もできます。

上の画像は、トレーニング後に貰ったアドバイスの一例です。

これらのアドバイスを参考に、楽しくモチベーションを保ちながらトレーニングを行うことができます。

おわりに

如何でしたでしょうか。

今回は、SIXPADの公式アプリの使い方をメインにお伝えしました。ご紹介したとおり非常に便利なアプリなので、新シリーズのSIXPAD(SIXPAD2)をお持ちなら是非利用してみましょう♪

個人的には最大6台までのSIXPADと通信することができるのは凄く便利だと思っています。

SIXPADの公式サイトへ

Abs BeltBody Fit2のレビューも書いていますので、是非読んでみて下さい(^ ^)。

2017年の4月に発売されたベルトタイプのSIXPAD、アブズベルト(Abs Belt)のレビューです!開封から使用までの様子とはじめての感想をご紹介しています。詳しい様子を記載しているため、製品のイメージが掴みやすいかと思います。
新シリーズのSIXPADの中で、唯一色々な部位に利用でき、汎用性が高いのがボディフィット2(Body Fit2)です。Body Fit2の開封から使用までの様子と、はじめての感想をご紹介しています。詳しい様子を記載しているため、製品のイメージも掴みやすいかと思います。
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大