SIXPAD2は1カ月で効果でる?AbsBeltとBodyFit2で検証

SIXPADを1カ月使ってみたので効果を検証

AbsBeltとBodyFIt2

SIXPADを使いはじめて1ヶ月程が経過しました。この1ヶ月間、毎日
Abs Belt(アブズベルト)Body Fit2(ボディフィット2)を使ってトレーニングを行ってきました。

実はこんなふうに毎日欠かさず筋トレを続けることができたのは初めてです。なぜ続けられたのかと言えば、楽だったからです、笑。

SIXPADを使ったトレーニングで自発的にやることと言えば、身体に取り付けて”スイッチを入れる”事くらいなんですよね。ここが自主的に行う筋トレとの決定的な違いです。

自分で筋トレを行う場合は、腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワッドetc、いずれの場合も自発的に動かなくてはなりません。それも結構激しくです!

一方、SIXPADは自動的に筋肉を動かしてトレーニングを行ってくれます。トレーニング中の23分間は筋トレのために自発的に動く必要はありません。本や動画を見ながらの”ながら”でも良いんです♪

このくらい楽だったので、僕でも続ける事ができました。
これで当初の目標だった”継続すること”は達成できたことになります。

もうひとつの重要な目標、”効果は出ているのか?”今日はこれを検証してみます。

Abs Beltを開封した時の様子Body Fit2を開封した時の様子もまとめていますので、是非ご覧になってください。

1ヶ月間のトレーニング内容

効果の検証に入る前に、1ヶ月間行ってきたトレーニングの内容をご紹介します。

トレーニングメニュー

SIXPADを使ったトレーニングメニュー
使った機種 トレーニング内容
部位 頻度 時間
Abs Belt 腹筋 1日1回 23分
ウエスト 1日1回 23分
Body Fit2 1日1回 23分
1日1回 23分
ふくらはぎ 2日に1回 23分
おしり 2日に1回 23分

Abs BeltとBody Fit2を使ってトレーニングを行ってきました。

Abs Beltはその用途どおり、お腹に巻いて”腹筋””ウエスト”を鍛えました。

Body Fit2は”脚””腕”に加え”ふくらはぎ””おしり”にも使用しました。”ふくらはぎ”や”おしり”への使用は正規の方法ではないのですが、特に問題なく使えます。

各部位、1日1回トレーニングを行いましたが、”ふくらはぎ”と”おしり”は毎日交互に行ったので、頻度としてはそれぞれ2日に1回です。

トレーニングの時間は各部位とも23分ですが、これはSIXPADのトレーニングプログラムが1回につき23分と決められているためです。

1日に行っていたトレーニングをまとめると、次のような感じです。

  1. Abs Belt+Body Fit2×2:”腹筋””ウエスト””両脚”で1セット23分
  2. Body Fit2×2:”左右ふくらはぎ”又は”左右おしり”で1セット23分
  3. Body Fit2×1:”右腕”で1セット23分
  4. Body Fit2×1:”左腕”で1セット23分

※SIXPADは安全面から両腕を同時にトレーニングする事ができないため、片腕ずつトレーニングを行っています。

以上、1日にだいたい4セットを行うので、23分×4セットでトレーニング時間は計92分です。

結構長い時間をトレーニングに費やしていたんですね(・_・;。

それでも続けられるのは、トレーニング中も本やテレビ、インターネットをしながらの”ながら”でトレーニングを行うことができるからです。

SIXPADを身体に取り付け、後は別の作業をしていると、あっという間に23分が経過します、笑。

SIXPADのトレーニングレベル

シックスパッドレベル

SIXPADにはトレーニングレベルがあり、最小1~最大20までレベルを設定することができます。

トレーニング開始から1ヶ月経った今、各部位で設定しているレベルは大体次のとおりです。

各部位で設定しているトレーニングレベル
部位 トレーニングレベル
腹筋 レベル14
ウエスト レベル14
レベル7
レベル4
ふくらはぎ レベル6
おしり レベル15

各部位ともギリギリ痛くないレベルに設定しています。

最初は、”腹筋”や”ウエスト”もレベル3~5できつく感じましたが、徐々に慣れてきて今はレベル13~14に設定しています。しかし、”脚”や”腕”など皮下脂肪の少ない部位は今でもあまりレベルが上げられません。

筋肉の上には皮下脂肪がついていて、脂肪は電気を通しにくい性質をもっているそうです。つまり、皮下脂肪が少ない部位ほど多い部位に比べて「筋肉が電気刺激を受けやすい」のだそうです。

よって、”脚”や”腕”を鍛える際にはあまりレベルを上げ過ぎる必要はありません。

公式サイト ⇒ SIXPAD

1ヶ月間のトレーニングの効果は?

”見た目”と”体重と体脂肪率の推移”から効果が出ているかどうか検証してみました。

①見た目の変化

まずは、見た目を1ヶ月前と比べてみます。

やはりトレーニングをする最大の目的は見た目を良くしたいからですよね?ですから、見た目に変化がないとトレーニングをしている意味が(・_・;。。

こちらが1ヶ月の成果です!

SIXPAD使用前の身体正面の様子SIXPAD使用1ヶ月後の身体正面の様子

身体正面の様子です、あまり変わっていませんね、笑;

SIXPAD使用前の身体側面の様子SIXPAD使用1ヵ月後の身体側面の様子

そして、身体側面の様子です。

こちらもあまり変わらないのですが、掴める脂肪の量が減ったように思います。やはり1ヶ月では見た目にそこまで大きな変化はありませんでした^^;。

しかし、身体側面の写真から少し分かって頂けると思うのですが、お腹の脂肪を掴んだ時の量が1ヶ月前と比べて減ったように思います。これは掴んだ時の感覚でもそう感じました。

また、脚や腕、おしりなど、トレーニングを行ってきた部位に触れてみると1ヶ月前と比べて脂肪が落ちて引き締まったように感じます。

見た目に明らかな変化が現れるにはもう少し時間がかかるのかもしれませんが、効果は出始めているのだと思います。

②体重と体脂肪率の推移

この1ヶ月間、体重と体脂肪率を記録してきたので次はこちらを見てみます。

こちらを見た方が客観的な判断ができますね。

体重の推移

トレーニングを開始した時点での体重は69.5kg、体脂肪率は19.0%でした。

これらの値は約1ヶ月間で次のように変化しました。

体重:69.5kg→67.8Kg-1.7Kg
体脂肪率:19.0%→17.3%-1.7%

体重の推移を見ると、1日で1Kg近く変動している日もありますので、体重だけでは効果が出ているのかどうか、ハッキリとした事は分かりません。

そこで体脂肪率に注目してみます。

体脂肪率の推移

こちらは日によって上下の変動はあるものの、徐々に減少しているのが分かります。

体脂肪率が減っているという事は、身体に占める脂肪の割合が低下したということですよね。それには次の2つの理由が考えられます。

  1. 脂肪そのものが燃焼されて減少した
  2. 筋肉の量が増えて、身体に占める脂肪の割合が相対的に低下した

トレーニングを開始して間もない頃は、筋肉がついてくるので逆に体重は少し増加する傾向にあるようです。この時、脂肪の量は変わらないので体重は増加するけれども体脂肪率は下がります。この時の体脂肪率の減少は、上に挙げた2番目の理由に寄るものですよね。

現在の僕の状況もこれと同じではないかと思います。
体重は増えていませんが、顕著に減ってもいません。それでも体脂肪率は減少しているので、身体に占める筋肉の割合は増えているという事になります。

そして筋肉が十分についてくると基礎代謝が上がりますので、脂肪が燃焼されやすい身体になり、徐々に体重も減少に転じていくのだそうです。

以上の事から、効果は出始めているということだと思います。

おわりに

如何でしたでしょうか。

さすがに1ヶ月では大きな変化は見られませんでしたが、体脂肪率が減少している事から、SIXPADの効果は出始めているのだと思います。

SIXPADの良いところは、なんと言っても簡単に毎日続けられる所です(^ ^)。

今後も2ヶ月後、3ヵ月後と結果をレビューしていこうと思います。また、”体重””体脂肪率”に加えて”筋肉量””基礎代謝”の数字があると更に傾向が掴みやすいと思いましたので、これらの数字も記録していく事にします。

今後の身体の変化が楽しみです♪

SIXPADの公式サイトへ

あ、あと念のためですが、数字が本物であることを証明するために10月7日の測定結果を貼っておきますね、笑。

【↓2017年10月7日の数字↓】

体重体脂肪率

では今日はこの辺で(^ ^)。

2017年の4月に発売されたベルトタイプのSIXPAD、アブズベルト(Abs Belt)のレビューです!開封から使用までの様子とはじめての感想をご紹介しています。詳しい様子を記載しているため、製品のイメージが掴みやすいかと思います。
新シリーズのSIXPADの中で、唯一色々な部位に利用でき、汎用性が高いのがボディフィット2(Body Fit2)です。Body Fit2の開封から使用までの様子と、はじめての感想をご紹介しています。詳しい様子を記載しているため、製品のイメージも掴みやすいかと思います。
2017年の4月に発表された新シリーズのSIXPADは、トレーニングをする部位に応じて機種が増えました。メーカーの公式ページでは、割引となるセット販売も行われているため、どの機種をどのように購入しようか少し戸惑うかもしれません。それぞれの機種の特徴とセット販売について纏めていますので、購入前の整理にお役立て下さい。
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大