【SIXPAD】部位別の機種とセット販売|購入前に確認しよう!

MTGのSIXPAD、部位別の機種とセット販売について

充電中のAbs Belt

2017年の4月に発表された新シリーズのSIXPAD(SIXPAD2)は、従来品と比べ機能が強化され、トレーニングをする部位に応じて選べる機種も増えました。機種が増えたのは嬉しいのですが、どの機種が良いのか分からずにとまどう人もいるのではないでしょうか。

またMTG(SIXPADのメーカー)の公式ホームページを見ると、割引となるセット販売も行われているため、益々どのように購入しようか迷ってしまいますね^^;。

この記事では2017年の4月に発売されたSIXPADについて、それぞれの特徴をまとめました。また、セット販売を利用するとどの程度割引が受けられるのかについてもまとめています。

SIXPADの購入を検討されている方は是非参考にして下さい。

新シリーズのSIXPAD 5つの機種

新シリーズとして発表されたSIXPADには5つの機種が存在します。

それぞれの特徴を簡単にまとめましたので、まずは以下の表をご覧下さい。

SIXPADの機種
製品名 特徴 価格
(税抜)

Abs Fit2
腹筋専用のSIXPAD
Body Fit2と組み合わせれば、
腹筋、ウエスト、腕、脚、全身を鍛えることができる
25,800 円

Body Fit2
気になる部位(ウエスト・腕・脚)を効率的に鍛える
様々な部位に使用でき、汎用性がある
19,800 円

Abs Belt

S/M/L
LL/3L
お腹周りを集中的に鍛える
(Abs Fit2とBody Fit2が一体になっているタイプ)
”S/M/L”と”LL/3L”の2サイズがある
お腹周りを集中的に鍛えるデザイン、他の部位には使えない
但し、腹筋とウエストのみを鍛えるつもりなら
Abs Fit2とBody Fit2を購入するよりもコスパは良い
39,800 円
43,000 円

Arm Belt
腕を集中的に鍛える(上腕二頭筋、上腕三頭筋)
本気で腕を鍛えたい人向け
他の部位には使えない
22,800 円

Leg Belt
脚を集中的に鍛える(大腿四頭筋、内転筋、ハムストリング)
本気で脚を鍛えたい人向け
他の部位には使えない
27,500 円

公式サイト ⇒ SIXPAD

因みに僕は、Body Fit2を2台とAbs Belt(S/M/Lサイズ)を1台、計3台のSIXPADを持っています。

では、それぞれの機種について僕の主観も交え、もう少し詳しく見ていきましょう。

Abs Fit2


従来はAbs Fitという名前で販売されていましたが、機能が強化されAbs Fit2と名前を変えました。いわゆるシックスパックを連想させる形をしており、SIXPADのフラッグシップモデルと言えるでしょう。SIXPADと言えば、この機種がまず頭に浮かぶのではないでしょうか。

腹筋専用の機種であるため、腹筋以外の部位には使えません。お腹に固定するためのベルトを使って、Body Fit2と合わせて使用する事ができます。

コストパフォーマンスの面で一番効率的に全身を鍛える事ができるのは、Body Fit2とこちらのAbs Fit2との組み合わせです。

Body Fit2

従来はBody Fitという名前で販売されていましたが、機能が強化されBody Fit2と名前を変えました。

この機種はウエスト、脚、腕などの様々な部位に取り付け可能です。
僕もBody Fit2を2台保有していますが、”おしり”や”ふくらはぎ”などにも取り付けて使用しています(これらの部位への利用は禁止されてはいませんが、説明書には記載されていないため、正規の使い方ではないようです。)

汎用性がとても高いのが魅力です

また、価格もSIXPADの中で一番安いです

SIXPADに興味はあって使ってみたいけど、値段が高くて躊躇しているという人は最初にBody Fit2を1台購入してみてはいかがでしょうか。

値段は19,800円(税抜)で安いとは言えませんが、SIXPADの中では一番お手頃な値段ですし、「色々な部位に使える」ので個人的には一番お勧めの機種です

Abs Belt

新たに登場したベルトタイプのSIXPADです。

Abs Fit2とBody Fit2が一体になったタイプと言う事もできますが、Abs Beltはお腹に巻いて腹筋とウエストを鍛えるタイプなので、腕や脚を鍛える事ができません。

あくまでお腹周りを集中的に鍛えるものです。

ですから、お腹も含め、それ以外の部位も鍛えたいと考えている人はAbs Fit2とBody Fit2を購入した方が良いと思います。

但し、腹筋とウエストのみのトレーニングで良いと考えている人は、Abs Beltを購入するのが、一番コストパフォーマンスが良いと言えます。

Arm BeltとLeg Belt

Arm BeltLeg Beltも新シリーズより新たに登場しました。

それぞれ腕と脚を鍛えるためのSIXPADです。腕と脚に特化した形状をしているため、Body Fit2のように他の部位に利用することはできません

SIXPADには、トレーニングレベルというのがあって、最小1~最大20までレベルを設定する事ができます。

僕はArm BeltもLeg Beltも持っていませんが、腕と脚はBody Fit2を使って鍛えています。使って1ヶ月程ですが、現在腕はレベル4、脚はレベル7で鍛えており、それでも結構効いていると感じています。当初は腕のレベル1、脚のレベル3でも十分にこたえました。

この事から、腕も脚もBody Fit2を使ってトレーニングをすれば十分ではないかと思います。

但し、公式サイトによると、Arm BeltもLeg Beltも京都大学の森谷名誉教授のEMS理論に基づき、それぞれの部位を効率的、集中的に鍛えるための形状をしているとの事です。よって、本気で筋トレを行っており、EMS理論もトレーニングに取り入れたいと考えている人には良いのかもしれません。

逆に言うと、一般人であればBody Fit2で代用すれば十分かと思います。

SIXPADのセット販売

MTGの公式ページを覗くと、色々な機種がセットでも販売されています。

セットで購入すると7%~10%の割引が受けられますので、複数台購入を検討されるているのであれば、是非セット販売を活用して下さい。

SIXPADのセット販売
セット名 セット内容 通常価格
(税込)
セット価格
(税込)
アブス&
ツインボディセット2

Abs Fit2 ×1+Body Fit2 ×2

70,632円 65,664円
↓-4,968円
ツインボディ2セット

Body Fit2 ×2

42,768円 39,744円
↓-3,024円
 ツインアームセット  

Arm Belt ×2

 49,248円 45,792円
↓-3,456円
ツインレッグセット  

Leg Belt ×2

 59,400円  55,188円
↓-4,212円
アブズベルト&
ツインアームセット

Abs Belt ×1+Arm Belt ×2

92,232円
95,688円
85,752円
↓-6,480円
88,992円
↓-6,696円
アブズベルト&
ツインレッグセット

Abs Belt ×1+Leg Belt ×2

102,384円
105,840円
95,148円
↓-7,236円
98,388円
↓-7,452円
フルベルトセット

Abs Belt ×1

Arm Belt ×2

Leg Belt ×2

151,632円
155,088円
136,404円
↓-15,228円
139,536円
↓-15,552円

※Abs Beltを含むセットの価格は2種類の価格がありますが、上段が(S/M/Lサイズ)下段が(LL/3Lサイズ)を選んだ際の価格です。

これらセットの中で個人的にお勧めだと思うのは、上2行、

「アブス&ツインボディセット2」「ツインボディ2セット」

です。

アブス&ツインボディセット2、最も良いコストパフォーマンスで全身(腹筋、ウエスト、脚、腕)を鍛える事ができます。全身にSIXPADを使いたいと考えている人はこちらのセットはとてもお勧めです。

ツインボディ2セットも汎用性が高く、使いかっての良いBody Fit2が割引になるのでお勧めです。様々な部位を鍛えることができるBody Fit2ですが、”ウエスト”、”腕”、”脚”と左右1台ずつトレーニングをしていたら時間がかかります。2台あった方が良いでしょう。

フルベルトセット割引率が10%と、他のセットよりも更にお得な値段設定となっていますが、よほど本格的にトレーニングを行うつもりでない限りは必要ないと思います。先程も書きましたが、Arm BeltやLeg BeltはBody Fit2でも十分に代用できます。一般の人であればアブス&ツインボディセット2でも十分でしょう。

また、ツインアームセットですが、SIXPADは2つの腕を同時に鍛える事はできません。これは両腕が使えなくなり、操作ができなくなるなど、安全面への配慮かららしいのですが、それなら何故Arm Beltを2台セットで売っているのか少し疑問ですよね
(・_・;。。

しかし、それでも何かの理由でArm Beltが2台必要ならばお得ではあります。

公式サイト ⇒ SIXPAD

おわりに 管理人が購入したSIXPADの機種

AbsBeltとBodyFIt2

現在管理人は、Abs Beltを1台とBody Fit2を2台持っています。

最初はAbs Belt(S/M/Lサイズ)を購入しました。その時も、Abs Fit2×1とBody Fit2×2の組み合わせも考えてはいたのですが、「毎回SIXPADの機械を3つも着けるのって、もしかしてめんどくさいのかも・・・」と思ったのと、「お腹周りだけ痩せれば良いと思った」との理由からです。

しかし、いざAbs Beltが届いて使ってみると、これが思いのほか凄く良かったんです。製品の質感や操作性も良かったし、何よりAbs Beltのスイッチを入れて後は放っておけば筋トレは自動的に行われます。

また、トレーニング内容もEMS権威の教授によるプログラムなので、自己流で筋トレをするよりも効果はあがるはずだと思います。

「これは続けられそうだ!」と思いました。

更に、実はお腹周りに限らず、脂肪を落とそうと思ったら全身の筋肉を鍛えて基礎代謝を上げる必要があります。単純にお腹周りを刺激したからと言って、お腹周りの脂肪が落ちると言うことではありません。

人間の筋肉の中で一番大きいのは脚の筋肉です。特に大腿四頭筋は身体の中で最大です。ここを鍛えると基礎代謝を大幅に上げる事ができ、腹筋を鍛えるよりも効率的に痩せやすい身体を造ることができるのです。

このような理由から、SIXPADを使って全身を鍛えたいと思うようになり、Body Fit2も購入する事にしました。今思えば、Abs Beltは買わず、最初から「アブス&ツインボディセット2」を購入しておけば良かったと、少し後悔しています。。

冒頭でも書いたとおり、新シリーズのSIXPADにはトレーニングをしたい部位に応じた様々な機種が存在します。SIXPADを購入するとなるとあまり安い買い物ではありませんので、じっくりと自分の鍛えたい部位にあった機種を選んで、効率的にトレーニングに励んでください(^ ^)。

SIXPADの公式サイトへ

Abs BeltBody Fit2のレビューも書いているので、是非読んでみてください。

2017年の4月に発売されたベルトタイプのSIXPAD、アブズベルト(Abs Belt)のレビューです!開封から使用までの様子とはじめての感想をご紹介しています。詳しい様子を記載しているため、製品のイメージが掴みやすいかと思います。
新シリーズのSIXPADの中で、唯一色々な部位に利用でき、汎用性が高いのがボディフィット2(Body Fit2)です。Body Fit2の開封から使用までの様子と、はじめての感想をご紹介しています。詳しい様子を記載しているため、製品のイメージも掴みやすいかと思います。